CME FX未決済建玉残高 過去最高レベルへ

by Forex Magnates at 12 March, 2013 カテゴリ: 世界FX取引業者動向 | 海外業者 | 海外総合

 2月の取引量の拡大から、米国デリバティブ取引所を運営するCMEグループは、先週、FX未決済建玉が、新記録を達成したと発表した。新記録2,780億ドル(FX先物=1,670億ドル、FXオプション=1,110億ドル 240万枚相当)が、3月7日の1日で達成された。

 CMEグループのFX先物は、CMEのルールに従って、上場している。加えて、同グループは、FXの大口建玉保有が前年比15%増の915件となり、新記録となったと発表した。

 CMEグループの金利、FX商品担当Senior Managing DirectorであるDerek Sammann氏は、「私たちの規制されているFX商品一式に対する、継続するニーズと関心が、通貨市場における集中決済及びリスク管理とヘッジの必要性を後押ししている。」と語った。

 さらに、「私たちは、規制環境が整備されるにつれ、特にバーゼルIII規制に関連して、顧客が、取引所先物取引を、資本や証拠金を効率的に運用できる、OTCやNDF(Non Deliverable Forward: 差金決済先渡し取引)の代替手段として提供しています。FX商品を提供する次のステップとして、CMEヨーロッパの設立効果は、大きいと思っています。今年中にスタートを予定されている、ロンドンの新たなデリバティブ取引所は、目下、規制当局の認可待ちとなっています。」と付け加えた。

 CMEグループは、世界最大の規制されたFX市場の所有者であり、銀行、ヘッジファンド、CTA、自己勘定取引企業、多国籍企業、個人トレーダー等に、多様な取引市場を提供している。同グループは、60種類の先物、31種類のオプションコントラクトを含むデリバティブ取引一式を提供しているが、想定元本ベースで、2013年の日次平均取引高は、1,250億ドルだった。加えて、同グループは、12種類のNDF通貨ペアと26種類の現物先渡し取引の決済サービスを提供している。

この記事の原文はこちら(Original article by Andrew Saks McLeod at forexmagnates.com)

latestreport_here

フォレックス・マグネイト日本版公式facebookページ





コメントはまだありません.