最新の注目トピック紹介:『2012年第4四半期リテールFX市場調査報告書』

 先月発売開始となったフォレックス・マグネイト2012年第4四半期リテールFX市場調査報告書。
今回は、毎四半期恒例の、取引高別ブローカーランキング、日本vs日本以外の取引高比率、リテールFXと法人FXの概況、FX関連サイトのアクセス調査に加え、下記のトピックを含めた特集記事は全部で19に及ぶ。

■120名以上の日本のFX業界関係者が参加した2012Q4四半期FXマーケット報告・勉強会の様子はこちら
(※写真付き)

FX vs バイナリーオプション:
FXもしくはバイナリーオプションのブランドの立ち上げ時にマーケティングは必須だ。それぞれのマーケティングをテーマに、大手広告代理店の経営陣達がそれぞれの持論を語る。
FXとバイナリーオプションのマーケティングコスト、コンバージョン率や顧客のライフタイムバリュー、そして設立初期に投じるキャンペーン予算等、様々な角度からこの2つの金融商品を比較している。
スキャルピングとEA:
以前までタブー視されていたスキャルピング。スキャルピングやEAがもたらす影響とは何か。
スキャルピングやEAが急速に普及していく中、業者はどう対応するのか。スキャルピング界の実態についてまとめた。
複合イベント処理(CEP):
CEPとは何か?なぜ重要なのか?これらの答えと共に、金融業者がより効率性と優位性を持つ為にCEPをどのように活用しているのかについて取り上げている。
日本、サウジアラビア、インドネシア、ドイツ市場概観:
国別レポートは四半期レポートの中でも評判の高い特集内容である。今回は、日本市場に加え世界第23位の経済国『サウジアラビア』、東南アジアの経済大国となりつつある『インドネシア』、保守的な事業価値を尊重する『ドイツ』についてもカバー。
各国のFX取引の歴史的背景と共に、その国で活躍するプレイヤーは誰なのか、今後のトレンドは何か、どのようなトレーダーがいるのか等をまとめている。

世界最大のFX市場と言われる日本市場に関しては、規制強化の影響を受けどのようなトレンドがあるのか、そして競争が激化するこの市場で生き残る為に各ブローカーはどのような策を講じているのか等、大手ブローカーの経営陣達のコメントも含めまとめている。

リクイディティの調達、SDP vs MDP:
テクノロジーの進化とECNが豊富になった今、リクイディティの調達は、注目のトピックとなっている。
この特集では、ECNとシングルディーラープラットフォームでの取引のメリットとデメリットを分析。
ロンドンサミット報告:
11月のフォレックス・マグネイトロンドンサミットでは様々なパネルディスカッションが行われた。
M&A、各国市場の最新情報、テクノロジー、リクイディティ、新たな金融トレンドの各パネルで出た重要なポイントについてまとめた。

この他にも、FX業界におけるコロケーションの役割、支払いソリューションの導入、Twitterを活用したマーケティング方法、さらには世界で使用される電子マネー『Bitcoin』等、FXに関わるあらゆるトピックが盛り込まれており、FXビジネスに関わる人々にとって一読する価値があるだろう。

latestreport_here
※サンプル版もご覧頂けます。

フォレックス・マグネイト日本版公式facebookページ





コメントはまだありません.