2月FX業界レビュー

by Forex Magnates at 5 March, 2013 カテゴリ: 世界FX取引業者動向 | 国内業者 | 国内総合 | 海外業者 | 海外総合

 2月を振り返ると、1月に起きたことが再現されたようだ。1月に私たちは、「1月について語られていたことは、FXブローカーにとって、良い月だった。」と述べた。このことは、1月と比べ、2月の取引状況を語るのにも真実となった。3月は、これまでのところ、同様の状況だ。2月の確かな取引高の上昇のかたわら、複数の新商品が、マーケットの新分野へ参入するためにローンチされた。加えて、規制当局は、米国、キプロス、ニュージーランドでアクティブだった。

 重要な2月の表題

 2013年の取引は、活発なスタートとなった:ブローカーと取引サイトは、弱かった2012年から素早く立ち上がった。2月に、私たちは、FX業界全体が楽観的に変わったことを目にした。OTC、取引所取引、新旧企業のすべてが変わった。花形は、日本で、GMOクリック証券DMM.com証券の月間取引高が、7,000億ドルを突破した。グローバルブローカーであるFXCMAlpariは、2013年に強いスタートを切った。Alpariによる月次取引高の公表は、新たな透明性に対するトレンドで、業界ウォッチャーも2013年に亘って、続くことを期待している。法人サイトでも、トムソンロイター、FXall、Hotspot、CMEが堅調な数字を計上した。大きな驚きだったのがEBSで、厳しかった2012年をしり目に、取引高は、月間54%の伸びを示し、FXサイトで、トップに返り咲いた

 既存企業、新市場:新市場に参入することは、ゲーム的だが、ソフトウェア企業のPlaytechとFXポータルのmyfxbookが参入した。2月に、Playtechは、バイナリーオプション・プラットフォームをローンチすると発表した。同社は、ソフトウェア開発を得意とし、affiliateとホワイトラベル市場のニーズを理解しているので、参入を決断した。myfxbookも、AutoTradeと呼ばれる、コピートレーディング・プラットフォームを既存のユーザーベースのためにローンチした。同様に、リベート分野で、CashBackForexが、Excel Marketsと呼ばれる独自のブローカーをローンチした。

 規制当局:キプロス金融規制当局、CySECは、2月は雄弁だった。UFX Markets社とeToro社との未公開違反について和解したと発表した。同当局は、今後も規制当局として、疑いなく決断して行くと述べた。米国では、NFAによるクレジットカード規制の動きに続き、CFTCがCMEグループの違反を取り上げ、罰金を課した。CFTC/CME間の紛争は、両社の関係が崩れかけている1部を示していると思われる。これは、ドッド・フランク規制の導入時期に生まれているスワップ参加者間の戦いと位置付けられる。一方、ニュージーランドでは、規制を一歩強め、FSPに登録している250社が、国内に物理的にオフィスを設けなかったことで登録を取消された。

 FX Solutionsは、米国を離れ、数社が模索中:FX Solutionsが米国を離れ、米国顧客をForex.comに譲渡した発表を受け、「いつ?もしそうでなかったら?」といった疑問が生まれた。米国での収益性との格闘は続いている。様々な問題が、ブローカーを弱らせてきている。London Capital Groupは、2012年の損失を発表した。株価は、低迷し、買収劇のターゲットになった。

 その他:重要な話としては、Tradency社とProtrader社が、モバイル用アプリをローンチしたことがあげられる。また、複数のブローカーが、事業拠点を集約してきたが、他は拡大していた。同月、日本のインヴァスト証券は、ASIC登録のオーストラリア法人を開設すると発表した。一方、オーストラリアのAxiTrader社は、米国の拠点を設立した。サクソバンクは、はじめてMT4をローンチした。

 フォレックス・マグネイト スタートアップ ポータル:フォレックス・マグネイトは、業界のイノベーションの推進と閲覧のために、スタートアップ、新商品ポータルを立ち上げた。このポータルは、主要サイトから新商品関連記事や新商品ベータテスト機会を集めている。すでに数社と商品テストの準備を終えているが、さらにテスターを募集している。まだ、サインアップしていない場合は、以下のプログラムから閲覧できる。

この記事の原文はこちら(Original article by Ron Finberg at forexmagnates.com)

『最新版』フォレックス・マグネイト四半期リテールFX市場調査報告書日本語版好評発売中!

フォレックス・マグネイト日本版公式facebookページ





コメントはまだありません.