マネースクウェア・ジャパン、3/1に東証2部上場へ

by Forex Magnates at 25 February, 2013 カテゴリ: 世界FX取引業者動向 | 国内業者 | 国内総合

マネースクウェア・ジャパンは、2月22日、東京証券取引所(TSE)より、東京証券取引所第二部への上場承認を受けたと発表した。

上場予定日である3月1日(金)より、同社の株式は、同取引所と大阪証券取引所(JASDAQ市場)の2市場において、売買が可能となる見込みだ。

同社は2002年からFXの提供を開始し、2013年1月の時点で、顧客口座数が約52,000口座、預り資産が約389億円となっている。

これまで同社は独自の注文方法や取引ルールの開発にも力を入れ、「トラップトレード」、「リピートイフダン」、「トラップリピートイフダン」、「ダブルリピートイフダン」といった、同社オリジナルの注文方法はすでに特許を取得している。またロスカットルールを2段階で提供しており、口座の証拠金維持率が50%を下回った際に行われる「自動ロスカット」に加え、日本時間15時時点で証拠金維持率が100%を下回った場合にも、ロスカット(「東京ロスカット」)が行われる。

2007年には「プライバシーマーク」を取得し、個人情報保護にも全社をあげて取り組んでいる。

2011年には米国に子会社「MONEY SQUARE INTERNATIONAL, INC.」を設立し、グローバルビジネスにも力をいれている。

マネースクウェア・ジャパン社のプレスリリースは、こちら

東京証券取引所のプレスリリースリリースは、こちら

この記事はWESTERN Incのオリジナル記事で、英語での原文はございません。

『最新版』フォレックス・マグネイト四半期リテールFX市場調査報告書日本語版好評発売中!

フォレックス・マグネイト日本版公式facebookページ





コメントはまだありません.