FX Solutions 最終的に米国市場から撤退 顧客はGain Capitalへ

by Forex Magnates at 22 February, 2013 カテゴリ: 世界FX取引業者動向 | 海外業者 | 海外総合

 ゲインキャピタルは、直近、非常に多忙に見える。数時間前に、ゲインは、LCGを買収しないと発表したばかりだったが、私たちの情報筋によると、米国市場から撤退するFX Solutionsの顧客ベースを買収することで合意したようだ。正式な発表は、本日遅くか、明日、発表される予定だ。

 このことは、FX Solutionsが、この2年間、米国で不調だった上に、米国から撤退する意思を示し、1か月ほど前から新規顧客の受け入れを停止していたので、驚くにはあたらない。City Index社が、FXソリューションを所有しているが、米国事業を閉鎖するという決断が下された。

 直近、私たちが、2012年第4四半期における米国業者の収益性をレポートした際に、11社が残っていたので、これで残り10社だ。FX Solutionsは、3,700口座を有し、ほとんどの顧客は、ゲインに譲渡された。ゲインは、最近、GFTの顧客も引き受けたが、将に、NFAによる予想外の米国市場撤退が起きている。

 10社が残っているが、米国のトレーダーに選択の幅は、限られてきている。先入先出(FIFO)のような、ばかげたルールが残っていることや、クレジットカード決済を禁止しようとする動きは、米国の数千の雇用機会と数十億ドルの潜在収益を奪うものだ。唯一の慰めは、米国市場が縮小している中で、NFAの収入は、2012年に25%も増加したことだ。このNFAの成長は、続くのか、あるいはバブルなのだろうか。

この記事の原文はこちら(Original article by Michael Greenberg at forexmagnates.com)

『最新版』フォレックス・マグネイト四半期リテールFX市場調査報告書日本語版好評発売中!

フォレックス・マグネイト日本版公式facebookページ





コメントはまだありません.