米証券取引委員会(SEC) 会長 Elisse B Walker氏 上院委員会へOTCプロダクト規制の証言へ

by Forex Magnates at 19 February, 2013 カテゴリ: 各国FX規制関連 | 海外FX規制関連 | 海外総合

 金融機関及び顧客資産の保護を規制する、ドッド・フランク法に含められる法案について開かれた先週木曜日の政府公聴会後に、米SECのElisse B Walker会長は、係る法案の施行に関連し、詳細な証言を提出した。

 多くの指摘された点は、米国でOTCデリバティブがどのように販売され、管理されるべきかに関するものであった。ブローカーやディーラーが、ボルカールールが求める、一層の投資家保護を構築する責任を明確にした。

 証言の詳細は、以下の通り。

 OTCデリバティブ

 ドッド・フランク法の中心規定は、OTCデリバティブ市場への新たな監視基準を定めることにある。同法 第7章は、委員会が、「証券スワップ(アセットスワップ)」を規制し、クリアリング(決済)、レポーティング、約定執行、決済機関の業務、データの保管、取引執行ファシリティー、資本及び証拠金管理、ディーラー及び主要参加者のビジネス推進規範、取引情報に関する透明性などについて規定を明文化し、制定することを求めている。

この記事の原文はこちら(Original article by Andrew Saks McLeod at forexmagnates.com)

『最新版』フォレックス・マグネイト四半期リテールFX市場調査報告書日本語版好評発売中!

フォレックス・マグネイト日本版公式facebookページ





コメントはまだありません.