マネックス証券、マネックスFXのFXサービス事業を吸収へ

マネックスグループは本日1月29日、同グループの100%子会社であるマネックス証券が、同じく100%子会社であるマネックスFXのFXサービス事業を、吸収分割により承継すると発表した。吸収分割の効力発生日は、2013年4月1日を予定している。

マネックスFXは、現在、店頭取引と、大証FX(大阪証券取引所での取引所取引)を提供しているが、このうち大証FXに関しては、2月15日をもってサービス終了となるため、店頭取引のみがマネックス証券へ吸収されることになる。

同グループの発表によると、この度の吸収分割は、FX事業における事業効率化を目的とし、今後マネックスFXはカバー取引を行う会社として継続することとなる。

詳細は同グループのウェブサイトに掲載されている。

この記事はWESTERN Incのオリジナル記事で、英語での原文はございません。

『最新版』フォレックス・マグネイト四半期リテールFX市場調査報告書日本語版好評発売中!

フォレックス・マグネイト日本版公式facebookページ





コメントはまだありません.