サクソバンク社 テクノロジーの発展を視野: ETNA Software社と長期ソフト開発で調印

 ETNA Softwareとサクソバンクは、カスタムソフトウェア開発に関する長期の提携契約に調印した。ETNA Softwareは、ロシアのSt.Petersburg市にある主要開発拠点でソフトウェア開発を行い、専門ソフトを提供して行く。

 ETNA SoftwareのCEOであるRoman Zhukov氏は、「私たちは、ITに特化し、オンライン・バンキングの世界でNo.1のサクソバンクと共同できることに、非常に興奮し、誇りを感じています。我社とサクソバンクは、合理性、誠実さ、実績に関する、共通した価値観を有しています。共に、成功が持続するように誇りを持って仕事にベストを尽くして行きます。」と述べた。

 ETNA Softwareは、デンマークにいるサクソバンクの主力開発チームに加わることになる。

 ETNA Softwareは、オプション、株式、先物、FX及び他のアセットクラスに関する取引プラットフォームの開発のために採用された。彼らのシステムコンサルタントは、接続性、市場データ、データストリーミング、フロント、ミドル、バック・オフィスに関連するシステムのインフラコンポーネントの作成に組み込まれている。

 サクソバンクのExecutive Vice President であるMikael Munck氏は、「私たちは、ETNA Softwareにソフトウェア・ソリューションをアウトソースできたことを喜んでいます。彼らが、最初の数か月で達成してくれたことが、彼らの能力を証明してくれ、それが今回の長期契約に繋がりました。」と語った。

この記事の原文はこちら(Original article by Adil Siddiqui at forexmagnates.com)

『最新版』フォレックス・マグネイト四半期リテールFX市場調査報告書日本語版好評発売中!

フォレックス・マグネイト日本版公式facebookページ





コメントはまだありません.