米商品先物取引委員会(CFTC)2013年最初の罰金 RJ O’Brien社でスタート

by Forex Magnates at 9 January, 2013 カテゴリ: 各国FX規制関連 | 海外FX規制関連 | 海外総合

 米商品先物取引委員会(CFTC)は、IB業者へのフィー支払監督不備により、R.J O’Brien & Associates社に罰金を課すことで、2013年をスタートした。米先物市場は、MF Global社PFG Best社の破綻の煽りで、大きなプレッシャーに直面している。

 米CFTCは、先物取引業者(FCM)として登録されている、在シカゴ、R.J. O’Brien & Associates, LLC (RJO社)を、商品先物取引に係るIB業者 へのフィー支払に関する業務等について、監督を怠ったとして告訴し、罰金を課した。RJO社のIB業者は、唯一の代表者を有し、その代表者は、IB業者の関係者にもなっていた。

 CFTCの命令書によると、RJO社のIB業者の関係者が、2003年1月から2007年2月にかけて、個人的な利益を追求するために違法な取引に関与していた。この関係者は、RJO社に開設し、この関係者が管理していた複数の取引口座の一部である、IB業者顧客口座や商品先物ファンド口座に損害をもたらし続けていた。この関係者は、約定成立後の取引を任意に配分し、儲かった取引は、自身の個人口座へ、利益が出なかったり、損失が出た取引は、IB業者顧客口座やファンド口座に計上していた。IB業者及びこの関係者の顧客が、被った損失は183,000ドルに上った。

 RJO社は、一連の注文処理に関して、適切な処置を行っていなかった。取引執行前又は同時に、出来注文の口座間配分を受け取っておく必要があり、そうした不適切行為に対する適切な監視、検閲、阻止を怠っていた。このRJO社の行為は、CFTC規則166.3, 17 C.F.R. § 166.3 (2011)に違反していた。

 CFTCは、RJO社に対して、300,000ドルの民事制裁金の支払いと、CFTC規則166.3へのさらなる違反の禁止を命じた。

この記事の原文はこちら(Original article by Adil Siddiqui at forexmagnates.com)

『最新版』フォレックス・マグネイト四半期リテールFX市場調査報告書日本語版好評発売中!

フォレックス・マグネイト日本版公式facebookページ





コメントはまだありません.