最新版販売開始!『フォレックス・マグネイト2012年第3四半期リテールFX市場調査報告書【日本語版】』

フォレックス・マグネイトがお届けする最新版『2012年第3四半期リテールFX市場調査報告書【日本語版】』が発売となりました。
今回は前回に増して全158ページでお届けしております。

q3menu
(サンプル版もご覧いただけます。)

ボラティリティ・取引高の低下で多くのブローカーが苦境に立たされた第3四半期。
2009年頃から取引高はレンジ内で低迷。グローバルでは、リテール事業廃業、大規模なリストラ、M&A、法人分野へのシフトチェンジ等、生き残りを懸け改革の時期を迎える業者が目立ちました。一方、日本では、前四半期比2桁成長をしたブローカーや、買収によりさらなる成長が期待されるブローカー等、引き続き日系ブローカーの動きに注目が集まっています。

テクノロジーはトレンドを追いながら日々進化し、飛躍的に普及するスマートフォンや、ソーシャル取引の人気を受け、プラットフォームの使いやすさ、アクセスのしやすさ、管理のしやすさに、各社さらに磨きをかけています。

規制関連では、米国規制当局は大手業者破綻でさらに規制を強化、シンガポール、イスラエル、ロシアでは規制整備に向け当局が本格的に動き出し、来年は各国のFX市場に大きな変化がもたらされるのでしょうか。

その他の注目のトピックス:

  • 世界における日本の取引高シェア
  • 進化するモバイル市場、そのメリット・デメリット
  • シングルディーラーvsマルチディーラー
  • 溢れかえるデータへの効率的なアクセス
  • 法人からリテール分野へ進出するECN
  • 米国規制当局によるMF Global、PFGの破綻処理、顧客資産に関する規制強化導入
  • テクノロジーのアウトソース化
  • 日系ブローカーの台頭
  • リテールトレーダーから需要の高い高機能プラットフォームをFXCMが導入 等
  • また、四半期調査報告書のバックナンバーが大変お求め易い価格となりました。宜しければご一緒にどうぞ。
    バックナンバーのご案内





    コメントはまだありません.