Knight Capital グループ GETCO ホールディング社 合併

by Forex Magnates at 21 December, 2012 カテゴリ: 世界FX取引業者動向 | 海外業者 | 海外総合

 昨日の米国市場の引け後に起きていた噂話に続いて、Knight Capitalグループは、GETCOホールディングとの合併に合意したと発表した。Knight社の企業価値は、14億ドルとなっている。ディールによると、Knightの株主は、合併会社の1株をもらうか、1株当たり3.75ドルの現金を受け取ることができる。合併会社は、通常通り、取引所で取引される。

 Knightの株主にとっては、合併価値が高まれば、引き続き、株価の上昇が期待できるだろう。資産価値の上昇要素として、既存株主にとって重要であったことは、GETCOの買収価格が、ライバルのVirtu LLC社を上回っていたことだ。3.75ドルの現金価値は、11月23日の交渉値段を51%も上回っており、さらに、9月30日現在のKnightの1株当たり純資産を15%上回っていた。事前取引市場では、Knight Capital(KCG)は、3.54ドルで取引されている。

 GETCOとKnightの合併会社は、米国株式のマーケット・メイキングでは、パワフルな会社となるだろう。しかしながら、株式集中型のビジネスは、Knightの他のビジネスに疑問を投げかける。関連子会社のHotspotFX社とBondPoint社は、売却される可能性が噂されている。HotspotFXは、11月にKnight買収交渉がスタートして以来、蚊帳の外にいた。噂の買い手には、Nasdaq OMXがいる。彼らは、HotspotFXの商品ラインが、彼らの商品ラインを充実させるための即効手段と見るだろう。顧客への通知の中で、Keefe, Bruyette, & Woods社のアナリストであるNiamh Alexander氏は、「720百万ドルに近い現金払いのために、借り入れが起こり、HotspotやBondPoint、Astor Asset Management社、潜在的にはKCGのDirect Edge社持分など、電子ビジネスの一部が売却され、借入金の一部が返済されることもあり得るが、今のところ計画は不明だ。」と語った。

この記事の原文はこちら(Original article by Ron Finberg at forexmagnates.com)

『最新版』フォレックス・マグネイト四半期リテールFX市場調査報告書日本語版好評発売中!

フォレックス・マグネイト日本版公式facebookページ





コメントはまだありません.