全米先物協会 FCMモニタリング開始 自己資本ルール強化

by Forex Magnates at 20 December, 2012 カテゴリ: 各国FX規制関連 | 海外FX規制関連 | 海外総合

 全米先物協会(NFA)は、11月15日の会議で提案された、FCM(先物取引業者)顧客口座のモニタリング強化案を承認したと発表した。強化案は、「顧客資金とスワップ決済用の顧客証拠金を分別保管するための預金口座を維持し、NFAが指定した第3者機関を通して、当該数値をNFAへ報告することを義務付ける。」としている。NFAは、新モニタリング・プロセスは、すでに手続き中で、年内に施行されると付け加えた。

 加えて、NFAは、ECP(Eligible Contact Participant:適格取引参加者)と取引を行うFCMの規制資本金を増加させると発表した。新たな法案は、FDM(Forex Dealer Member:フォレックス・ディーラー・メンバー)と同様に、20百万ドルの維持を義務化する。この法案により、資本要件を軽減するために、登録資格をFDMからFCMへ引き下げた、FX Club社、Advanced Markets社、Easy Forex社の行為は、意味がなくなった。NFAは、これらのブローカーが、「リテール」取引の取引相手になっていないことに議論を重ねてきたが、ECPと取引する場合の財務上のリスクは同じであるとの結論に至った。新たな法案が意味するところは、少なくとも3社の内2社が、米国でのビジネスに終止符を打つだろうということだ。

この記事の原文はこちら(Original article by Ron Finberg at forexmagnates.com)

『最新版』フォレックス・マグネイト四半期リテールFX市場調査報告書日本語版好評発売中!

フォレックス・マグネイト日本版公式facebookページ





コメントはまだありません.