NFAがFXDD社に対して会員処分を適用 判決を待たずに330万ドルを顧客に支払うよう要請

by Forex Magnates at 10 December, 2012 カテゴリ: 世界FX取引業者動向 | 各国FX規制関連 | 海外FX規制関連 | 海外業者 | 海外総合

 NFAは、今週、かなり忙しかったように見える。米国で最も尊敬を集め、安定したブローカーの一社だったGFT社を追い詰めた後、目下、その関心はFXDD社に向かっている。NFAが、非対称スリッページ行為に対してFXDDに最初の勧告を行った2012年7月以来、FXDDはNFAと裁判所で争うと決めた最初の業者となった。しかし、NFAは、政府から委任された監督権を有する機関として、その事に対峙した。結果として、NFAは、FXDDに対して、AML手続き違反に対する追加訴訟に踏み切った。さらに次のステップとして、NFAはMRA(Member Responsibility Action:会員責任処分権)に基づき、裁判所の判決を待たずに、NFAの要請に従うようFXDDにプレッシャーをかけた。

 FXDDが、非対称のスリッページ行為を行ったか否かは現時点では不明だが、ポイントは、NFAがその権威に対する挑戦を受け入れないということだ。もし、NFAがあなたの会社が間違ったことをしたことに対して責任を追及した場合、事実を認めること以外、あなたの会社ができることは何もない。米国ブローカーの間では、NFAがあなたの会社に対して何かを提訴した場合、そのことについて、争った場合、コストは少なくとも2倍になるので争うより、示談に持ち込むことが最良の選択であると知られている。FXDDは、無実を晴らすために法廷で争うことを決めたため、NFAの逆鱗に触れ、結果、非常に厳しいビジネス・デシジョンに直面している。すなわち、顧客に対して3.3百万ドルを支払、罪を認め、さらにNFAに抵抗したことで、罰金を少なくとも3~4百万ドルを支払うか、あるいは、ビジネスを畳むかの選択だ。政府は、最善の策としてこれを強要することとした。

 不幸にも、米国市民は、NFAがどのように運営されているか知らないが、何某かは変わる必要があるだろう。さもなければ、NFAは、結局、この市場を完全に閉鎖するだろう。

 上記に関係なく、NFAは、FXDDが法令上求めている資本金を下回るケースが繰り返されたとしている。NFAは、3.3百万ドルの支払いが確実に行われるようにする必要があるが、仮に、FXDDが有罪となった場合には、FXDDが3.3百万ドルを顧客に借りることになると想定している。

 フォレックス・マグネイトが接触した際、FXDDは以下のようにコメントした。「FXDDの資本状況は、十分で、顧客資金は、リスクにさらされていないし、されたこともない。私たちの行動目的の中心に、顧客の信頼が位置付けられている。FXDDは、自己資本ルールに準拠し続けてきたし、余剰自己資本も維持している。FXDDは、現在、自己資本規制に準拠しており、約21百万ドルを維持している。実際、FXDDの自己資本は、基準値を超えている。米国及び海外における業務は、すべて通常通り続けられている。

 FXDDは、すべての適切な規制と法令に準拠している。FXDDは、NFAの訴えの実態については、NFAとは合意できない。FXDDは、NFAと建設的な解決策に至る様、引き続き努力して行く。」

nfa mra fxdd

この記事の原文はこちら(Original article by Michael Greenberg at forexmagnates.com)

『最新版』フォレックス・マグネイト四半期リテールFX市場調査報告書日本語版好評発売中!

フォレックス・マグネイト日本版公式facebookページ





コメントはまだありません.