CFTC FX詐欺集団に罰金と制裁

by Forex Magnates at 7 December, 2012 カテゴリ: 各国FX規制関連 | 海外FX規制関連 | 海外総合

 米商品先物取引委員会(CFTC)は、Forex Capital Trading Group社、Forex Capital Trading Partners社及びHighland Stone Capital Management社の3社が、詐欺的FXスキームの運営により、米地方裁判所により1.8百万ドルの罰金を支払うよう命じられたと発表した。被告人たちは実際には損失が出ていた取引内容を偽って報告し、彼らがCFTCに登録されていると嘘をつき、顧客を欺いたことにより告訴された。

 ニューヨーク連邦裁判所は、被告人、Forex Capital Trading Group, Forex Capital Trading Partners及びHighland Stone Capital Managementに対し、非取引所FXスキームにおける詐欺で1.8百万ドルを支払うよう命じた。裁判所命令は、被告人を商品業界から永久追放する。

 ワシントンDC:米商品先物取引委員会(CFTC)は、本日、ニューヨーク南部地区米地方裁判所のKatherine B. Forrest判事が欠席裁判を行い、被告人、ニューヨーク在住、Forex Capital Trading Group, Inc. (Forex Group), Forex Capital Trading Partners, Inc. (Forex Partners) 及び ニュージャージー、Rutherford在住、 Highland Stone Capital Management,L.L.C. (Highland Stone) に対して、恒久的命令を出した。命令書は、これらの被告人に対して、民事制裁金として1,352,293ドルの支払、詐欺被害者に対して不正利益450,764ドルの返還を命じた。命令書は、同時に、被告人の恒久的取引及び登録の禁止、商品取引法及びCFTC規則への違反を禁じた。

 命令は、CFTCが2011年7月27日に、被告人である3社及びその代表者(CFTCプレスリリース6083-11, 2011年7月28日)に対して行われた不正詐欺事への告訴に基づいている。命令書は、被告人らが、詐欺目的で106人の顧客を勧誘し、2.8百万ドル以上をリテールFX取引に投資させたとしている。顧客を勧誘するにあたって、被告人は、ウェブサイト等で数年に亘って利益を上げていたと虚偽の報告を行っていた。被告人の報告には、実際には、顧客が1.2百万ドル以上の損失を被っていたにもかかわらず、2010年に51.94%の利益を上げたという嘘が含まれていた。全体として、顧客は被告人によるFX投資により投資元本の93%以上を喪失していたと命令書は明らかにしている。

 命令書は、さらに被告人が、CFTCへの登録が必要な業務であるにもかかわらず、無登録のまま、取引で利益が出ている旨の虚偽の口座報告書を見込み顧客に提示していたとしている。

この記事の原文はこちら(Original article by Ron Finberg at forexmagnates.com)

『最新版』フォレックス・マグネイト四半期リテールFX市場調査報告書日本語版好評発売中!

フォレックス・マグネイト日本版公式facebookページ





コメントはまだありません.