Gain Capital社のインドネシアGTX パートナー、ICDX取引所 通貨取引契約を締結

by Forex Magnates at 27 November, 2012 カテゴリ: 世界FX取引業者動向 | 海外業者 | 海外総合

 私たちは、ゲイン・キャピタル社の法人向けGTXテクノロジーについて良い話を聞いている。ゲインの法人向けECN取引高は、確かに成長している。ゲインのインドネシア・パートナーとなったICDX取引所は、ゲインのテクノロジーを用い、通貨取引契約をローンチする。ゲインは、新たなICDXの通貨取引契約のテクノロジー・プロバイダーであり、マーケット・メーカーとなる。仮に、ICDXがDGCX社の成功を再現することが出来れば、ゲインにとって、このディールは、ランドマークとなるだろう。

 Bedminnster、ニュージャージー:2012年11月26日 GAIN Capital Holdings, Inc.社(NYSE:GCAP)の法人部門であるGAIN GTX LLC(以下“GTX”)は、インドネシアの主要先物取引所であるICDX(インドネシア商品デリバティブ取引所: Indonesia Commodity and Derivatives Exchange )とICDXの新たな通貨取引契約へのテクノロジーと流動性を提供する契約を締結した。

 ICDXは、インドネシア商品先物取引規制庁(Indonesia’s Commodity Futures Trading Regulatory Agency (COFTRA))に認可された通貨関連商品を提供する最初のインドネシア取引所だ。

 GAIN CapitalのCEOであるGlenn Stevens氏は、「このパートナーシップは、ユニークで、ICDXが初日からこの新しい通貨商品に対して、深い流動性を提供し、一方、超低レイテンシーとポスト・トレード処理能力による大量の取引量を支える安全で計測可能なプラットフォームが提供されている。」と述べ、「加えて、GTXプラットフォームの既存ユーザーは、確立された国際的な取引所と共に提供するユニークな流動性にアクセスできることにより、大きな恩恵に浴することになるだろう。」と付け加えた。

 取引条件により、GTXは、既存の法人向け流動性提供者のグローバル・ネットワークに、ICDXを接続し、ICDXはそれによって、GTXのECNテクノロジー利用し、会員会社や顧客に取引価格、エグゼキューション、洗練された注文管理とアルゴリズムトレーディング等の最先端のトレーディング・インターフェイスを提供することが出来るようになる。

この記事の原文はこちら(Original article by Michael Greenberg at forexmagnates.com)

『最新版』フォレックス・マグネイト四半期リテールFX市場調査報告書日本語版好評発売中!

フォレックス・マグネイト日本版公式facebookページ





コメントはまだありません.