DMM.com証券、意外にも10月取引高減少

by Forex Magnates at 8 November, 2012 カテゴリ: 世界FX取引業者動向 | 国内業者 | 国内総合

 くりっく365GMOクリック証券の10月取引高は増加したが、取引高日本第二位のリテールブローカーDMM.com証券は前月比減少の数値を示した。DMM.com証券の9月取引高が2,750億ドルであったのに対し、10月は2,680億ドルであった。8月の1,610億ドルから急増した9月は、夏の終わりを表すと同時に最近の外為ジャパン社買収による数値も反映されている。

 10月は多くの日系ブローカーが増加傾向を示した中、DMM.com証券の実績は意外であった。フォレックス・マグネイトがこの取引高減少の原因になったもの(外為ジャパン買収後、外為ジャパン顧客の取引が減った、口座をクローズした等)があったかについて同社に尋ねると、特別な理由はなく、恐らく10月のどのマイナス要素に対しても9月の実績が非常に良かったことであると応えた。

DMM.com証券 2012年月別取引高(単位:10億ドル)

この記事の原文はこちら(Original article by Ron Finberg at forexmagnates.com)

『最新版』フォレックス・マグネイト四半期リテールFX市場調査報告書日本語版好評発売中!

11月14日、フォレックス・マグネイトサミット2012に経営者達が集結

フォレックス・マグネイト日本版公式facebookページ





コメントはまだありません.