GMOクリック証券10月取引高急増、日本市場に回復の兆しか。

by Forex Magnates at 5 November, 2012 カテゴリ: 世界FX取引業者動向 | 国内業者 | 国内総合

 取引高世界最大のGMOクリック証券は、10月の取引高が3,540億ドル(OTC取引と取引所取引を含む)へと急伸した。10月取引高は前月比、前年同月比共にそれぞれ17%、61%の増加であった。この激増した取引高は、同社歴代三位の数値を出した今年5月に匹敵する。今年8月の取引高は2970億ドルを記録し、厳しい夏であった。10月取引高の大半は同社のOTC取引で3,450億ドルを占める。その一方、くりっく365は87億ドルであった。

 全体的に見て、日本市場はレバレッジ25倍への引き下げにおける規制変更への対策を未だ行っている。この新規制を受け、日本のブローカー達は顧客の取引量増加を狙いスプレッドを下げ続けているのだ。日本市場が回復してきていると断定するには早すぎるかもしれないが、GMOクリック証券の10月実績は業界全体を物語っていた。

gmo click october figures

GMOクリック証券取引高

この記事の原文はこちら(Original article by Ron Finberg at forexmagnates.com)

『最新版』フォレックス・マグネイト四半期リテールFX市場調査報告書日本語版好評発売中!

11月14日、フォレックス・マグネイトサミット2012に経営者達が集結

フォレックス・マグネイト日本版公式facebookページ





コメントはまだありません.