メタクオーツ社 MT4でトレーディング・シグナルを提供

by Forex Magnates at 1 November, 2012 カテゴリ: 取引システム | 海外取引システム | 海外総合

 メタクオーツは、MT4にトレーディング・シグナルを提供するサービスを開始すると発表した。このことは、先月初めに、MT5プラットフォームにトレーディング・シグナルの提供を開始したことに追随する。

 その際、私たちは、ローンチから3年経ったプラットフォームにユーザー向けの新たな仕様を追加し、その機能を強化することがメタクオーツの戦略の一部と理解した。具体的には、MT5にトレーディング・シグナルを装備することは、直接の競合相手である、ZuluTradeやTradencyのような他のシグナルやミラー・トレーディングに対抗するためと思われる。MT4へのサービスも開始したことで、メタクオーツは、ブローカーにMT5へ移行しない1つの理由を与えたように見える。いずれにせよ、MT4の膨大なユーザーを背景に、今日の発表が、メタクオーツのシグナル対応を早めることになり、既存のシグナル、コピープロバイダーの強力な競合相手となるに違いない。新しいサービスがどのように既存のサービスと比較されて行くか注目だ。具体的には、テクノロジー・プロバイダーであるTradencyやZulutradeがトレーディング・ネットワークに関連する様々な課題、例えばクロス・ブローカー・エグゼキューション、シグナル・パフォーマンス・モニタリング、カスタマー・サポートなどの解決にはるか先を行っているだけに成り行きが注目される。今後は、メタクオーツのシグナル提供開始が、MT4の第三者のテクノロジー・プロバイダーによるサービスに歯止めをかけるか注目だ。

 この点に関して、メタクオーツが自身でフィード・インテグレーション・ブリッジやモバイル・プラットフォームを提供を開始したことで、メタクオーツがMTプラットフォームをサポートする第三者プロバイダーのビジネス領域に踏み込んだと言える。先を見据えると、メタクオーツのパートナーだったプロバイダーが、メタクオーツの動きに対して、どのような差別化を図ってくるか注目だ。

この記事の原文はこちら(Original article by Ron Finberg at forexmagnates.com)

『最新版』フォレックス・マグネイト四半期リテールFX市場調査報告書日本語版好評発売中!

11月14日、フォレックス・マグネイトサミット2012に経営者達が集結

フォレックス・マグネイト日本版公式facebookページ





コメントはまだありません.