Admiral Markets社、MT5のライブ取引を提供開始

by Forex Magnates at 17 October, 2012 カテゴリ: 取引システム | 海外取引システム | 海外総合

 メタクオーツ社は、リリースから3年経つメタトレーダー5のプロモーションと機能向上に間違いなく相当な力を入れている。マルチフィードプロバイダーソーシャルトレーディングネットワークとの統合などのアップグレードを行っている。しかし、最近まで顧客にMT5を提供開始した大手ブローカーは、アルパリ社のみであった。16日、Admiral Markets社は、MT5プラットフォームの提供開始を発表した。アルパリほど大手ではないが、27カ国に拠点を持ち、中央・東ヨーロッパで強い存在感を示す。Admiral Markets社のMT5顧客は、メタクオーツ社にとって顕著な実績となる。

 MT5が発表されてから暫く経つが、ブローカーにとってはMT4のアップグレード版ではなく、完全に新しいプラットフォームであると言える。その為、ブローカーによるMT5提供開始まで時間がかかっている。eToro社、GFT社、Forex.com社の様な多くのブローカーは需要に応えて自社の独自プラットフォームと共にMT4を提供し始めように、徐々にではあるがMT5でも同じ流れが見え始めている。

Admiral Marketsグループ、ライブ取引対応MT5リリース

法人レベルの取引機能をリテール顧客に提供

 大手オンラインFXブローカーであるAdmiral Marketsグループは、ライブ取引でメタトレーダー5(MT5)を16日リリースした。これによりメタトレーダー4やCFDトレーダーに加えAdmiral Marketsグループの提供取引プラットフォームが拡大された。

 人気の分析取引プラットフォーム「メタトレーダー4」の次世代バージョンであるメタトレーダー5は、これまで法人向けプラットフォームでしか利用できなかった多くの機能をリテールFXトレーダーに提供する。同社の副社長であるDmitri Laush氏は、「メタトレーダー5は真のマルチマーケットプラットフォームで、クロスマーケット分析や可能な取引量の正確な評価を可能にします。今月メタトレーダー5をリリースでき、法人分野のプロフェッショナルな取引が個人投資家にも可能となり光栄に思っています。」と述べた。このプラットフォームは、他の金融市場とも統合する事が可能で、FXだけではなくCFD、先物、株にも対応する。

 革新的なMT5はプラットフォームに直接統合する事で自動売買の新しい基準を作った。エキスパートアドバイザー(EA)は、プラットフォーム内の統合開発環境(Integrated Development Environment)で構築、デバック、テスト、最適化、実行される。メタトレーダー5専用に開発されたパワフルで柔軟な高レベルなプログラミング言語であるMQL5は、ユーザーによる複雑なカスタマイズソフトの構築を可能にする。

 この新しいAdmiral. MT5口座は、Admiral Marketsグループから提供されている。初期段階では、50通貨ペア、レバレッジ最大100倍で提供される予定である。Dmitri Laush氏は、「この先、Admiral.MT5で利用可能な取引銘柄の種類を劇的に拡大し、第一弾として貴金属とCFD、その後、株が追加される予定です。」と明かし、「私達は、様々なマーケットに単一のプラットフォームから簡単にアクセス出来る事と、ワンクリック取引、オーダーブック、高度なチャーティング機能、モバイル機能等の必要不可欠な機能一式は、十分な情報を得た上で行う取引決定において重要な鍵であると確信しています。」とまとめた。

この記事の原文はこちら(Original article by Ron Finberg at forexmagnates.com)

『最新版』フォレックス・マグネイト四半期リテールFX市場調査報告書日本語版好評発売中!

11月14日、フォレックス・マグネイトサミット2012に経営者達が集結

フォレックス・マグネイト日本版公式facebookページ





コメントはまだありません.