東京工業品取引所 月次取引高 増加

by Forex Magnates at 10 October, 2012 カテゴリ: 世界FX取引業者動向 | 国内業者 | 国内総合

 東京工業品取引所(TOCOM:Tokyo Commodity Exchange)は、9月の日次平均取引高が120,650枚となり、8月比 55.4%上昇したと発表した。

 日次平均取引高は、対前月比ですべての上場商品が上昇した。最も活発に取引された金は58,241枚となり、67.8%増となった。金ミニは10,175枚、67.4%の上昇、プラチナは19,026枚で56.4%の上昇となった。

 日米中央銀行の(流動性提供による)景気刺激策の報道が、市場のセンチメントを改善したと見られている。米連邦準備理事会(FRB)が9月13日に連邦公開市場委員会(FOMC)で量的緩和第3弾(QE3)を発表し、一方、日銀が19日に新緩和策を発表した。

 9月末時点の全商品取組高合計は321,803枚となり、先月末時点より6,877枚減少した。

この記事の原文はこちら(Original article by Adil Siddiqui at forexmagnates.com)

『最新版』フォレックス・マグネイト四半期リテールFX市場調査報告書日本語版好評発売中!

11月14日、フォレックス・マグネイトサミット2012に経営者達が集結

フォレックス・マグネイト日本版公式facebookページ





コメントはまだありません.