規制の為か 過剰に規制しない為か CFTC 2年間で200件を超える罰金

by Forex Magnates at 9 October, 2012 カテゴリ: 各国FX規制関連 | 海外FX規制関連 | 海外総合

 CFTCは、2012年(12年度)に102件を告発した。過去、2年間では、それまでの記録を大幅に上回り201件となった。強制執行部(執行部)は、12年度に350件以上の新たな検査を開始し、過去最高となった。加えて、執行部は、民事制裁金416百万ドル、損賠賠償金、不正利得返還169百万ドルを含む、制裁金585百万ドル以上の支払を命じる裁判ケースに関わった。

 CFTC 強制執行部ディレクターのDavid Meister氏は,「私たちは、市場参加者を守り、市場の健全性を維持するために違法行為を追求しています。今年の結果を振り返ると、執行部は、法と規則から逃れようとした著しい不正行為に的確に対峙してきたと自信を以て言えるでしょう。執行部の弁護士、検査官、パラ・リーガル、管理スタッフが検査に専念している。訴訟ケースでは、大きな衝撃を与えたが、いくつかの世界的大手金融機関による相場操縦未遂、偽証レポート、顧客資金管理違反、ウォッシュ・トレーディング、管理監督不足、一方、疑うことを知らない投資家から詐欺スキームにより数百万ドルを騙し取った詐欺行為などがあった。私たちは、期待通り、新たなDodd-Frank法の規制を使い始めた。今後も、新たな規制に沿い、執行して行く。私は、スタッフのハードワークと役割への献身的な努力に対し、称賛を送りたい。彼らと働けることは名誉だ。」と述べた。

 12年度に執行部は、CFTC独自の50件を含む、計200件以上の検査と告訴に関連して積極的に連邦及び州の犯罪民事執行当局と協力し合ってきた。執行部は、世界中の各国当局とも連携してきた。例えば、12年度に執行部は、IOSCO(証券監督者国際機構:International Organization of Securities Commissions)の多国間合議・協力・情報交換に係る覚書及びその他の情報交換に基づいて、70以上の監督当局へ多くの質問を投げかけたが、300件以上に回答を受け取っている。国際規制関連当局のコミュニティは、多くの重要な案件に関するCFTCの成功に役立ってきた。

この記事の原文はこちら(Original article by Adil Siddiqui at forexmagnates.com)

『最新版』フォレックス・マグネイト四半期リテールFX市場調査報告書日本語版好評発売中!

11月14日、フォレックス・マグネイトサミット2012に経営者達が集結

フォレックス・マグネイト日本版公式facebookページ





コメントはまだありません.