英FSA インサイダー取引で4人を告発

by Forex Magnates at 3 October, 2012 カテゴリ: 各国FX規制関連

英FSAは、2006年11月1日から2010年3月23日にかけて、インサイダー取引を行った疑いで4人を告発した。

シニア・コーポレート・ブローカーのMartyn Dodgson及びAndrew Hind、Benjamin Anderson、Iraj Parviziの4名は、ウェストミンスター行政裁判に出席するために2012年10月19日に保釈された。

告発は、FSAとSOCA(重大組織犯罪局)との長期にわたる共同調査であるOperation Tabernulaに基づいて行われた。Operation Tabernulaは、FSAの最も大規模で複雑なインサイダー取引調査プロセスだ。

未だ多くの個人が調査対象者となっている。CFD助言会社のBlue Index社もインサイダー取引で査察され、創業者のJames Sandersは、懲役4年を言い渡された。

この記事の原文はこちら(Original article by Adil Siddiqui at forexmagnates.com)

『最新版』フォレックス・マグネイト四半期リテールFX市場調査報告書日本語版好評発売中!

11月14日、フォレックス・マグネイトサミット2012に経営者達が集結

フォレックス・マグネイト日本版公式facebookページ





コメントはまだありません.