GMOクリック証券、9月実績発表:取引高わずかに増加

by Forex Magnates at 3 October, 2012 カテゴリ: 世界FX取引業者動向 | 国内業者 | 国内総合

 FX業界にとって、9月(少なくても最初の2-3週)は、7月、8月に比べ非常に好調な月であった為、大半のブローカーが、実績向上を報告するだろう。GMOクリック証券はOTC取引と取引所取引を提供し、リテール取引高において日本最大のFXブローカーである。香港にも一早く進出しており、海外事業展開にも力を入れている。
 同社の8月のOTC取引高は、7月に比べ6.5%減少し約2,860億ドル。9月はOTC取引高が微増し約2,930億ドル、取引所取引は前月比30%減少で約80億ドルであった。日本で、取引所取引の課税方法がOTC取引にも適用されて以来、取引所取引の取引量は徐々に減退する一方、OTC取引量は増加している。

GMOクリック証券9月実績

■関連記事
急成長ブローカーへと導いたGMOクリック証券社長にロングインタビュー(前編)(後編)

この記事の原文はこちら(Original article by Michael Greenberg at forexmagnates.com)

『最新版』フォレックス・マグネイト四半期リテールFX市場調査報告書日本語版好評発売中!

11月14日、フォレックス・マグネイトサミット2012に経営者達が集結

フォレックス・マグネイト日本版公式facebookページ





コメントはまだありません.