インヴァスト証券CEO単独インタビュー(後編)『ビジョナリーカンパニーを目指して』

by Forex Magnates at 3 October, 2012 カテゴリ: 世界FX取引業者動向 | 国内業者 | 国内総合

前編はこちら>>

Q. 御社はミラートレーダー取扱業者国内口座数No.1となりましたが、サービス開始から9カ月あまりで2万5千口座に達した理由は何でしたか?

 当社は、シストレ24(ミラートレーダー)がお客様にとって有効な投資手法でなりうると信じ、システムトレード未経験のお客様はもちろんFX未経験のお客様にもご利用いただけるように、商品説明を徹底した事が数多くの口座開設に繋がったと思っています。実際に、WEBコンテンツはどのミラートレーダー取扱業者よりも充実していると自負しておりますし、会場/webセミナーの開催に加え、初心者向けの動画も用意しています。
 今までシステムトレードは中上級者向けだったかもしれませんが、当社の「シストレ24」は初心者から上級者まで、FXシステムトレードでの運用を考えるすべての方に利用いただける商品として提供しています。

Q. 日本のFX市場の最近のトレンドと競合他社の動きについてどのようにお考えですか?

 日本のFX市場は転換期を迎えています。日本のFX市場は、ひと時の円安相場を背景とした一過性のブームで終わらず、一般的な金融商品としてその足場を作ることに一定の成功を収めました。その証拠に、ほぼ全てのメジャーな証券系金融機関がFXを手掛けており、銀行も子会社を通じて参入しています。元来から貿易大国であった日本、そして日本人になじみやすい為替という資産を対象にした利便性の高い金融取引、FXは、今後も成長を続けて行くと確信しています。

 一方で、高いレバレッジで膨大なリスクを抱えながら、朝方までパソコンの前に座って何百回、何千回と売買を繰り返す、いわゆるセミプロディーラーが主体となった時期から、今後は広く一般的な投資家が、中長期に、低リスクでFX取引を行う、という環境も広がっていくと思っています。外貨預金や外国債券、外貨建て投資信託に並んで、それらの代替商品として中長期型のFXが台頭してくる時代だと考えています。

 そのような環境の中、FX取り扱い企業は今、3つのグループに分かれてきています。
 1つ目は、比較的取引量の多い投資家層に支持されている、狭いスプレッドが魅力のFX大手企業グループです。最近ではドル円0.4銭も当たり前、という状態で、極限の価格競争が続いています。このグループは取引量の多いセミプロなどを引きつけることが出来れば成長できる、価格競争で負ければ衰退する、という環境で、勝っているグループと言えます。
 2つ目は、価格競争で負けた、若しくは中途半端な状態で投資家の流出が続き、衰退し続けているグループです。一昔前の優良企業でも、価格競争に敗れ去って、後発的に価格競争に参加したものの、結果が出ずに衰退する企業も出始めており、3つのグループの中では一番厳しい状態にある企業グループです。
 最後の3つ目は、価格競争とは一線を画き、新たな付加価値で顧客を引き付けることに成功した、差別化戦略を得意とするグループです。スプレッドなどの低価格ではなく、取引機能や独自サービスが評価され、安定的な事業基盤の拡大が出来ているグループと言えます。

 私は、1つ目のと3つ目の企業は「勝ち残る」ことが出来ると思いますが、2つ目のグループは厳しい環境になるのではないか、と考えています。

Q. 在日中国人向けに中国語サイトを立ち上げていらっしゃいますが、サポート体制ならびにサービスの反響はいかがですか?

 中国人顧客対応は中国人スタッフを含み現在4名で行っております。

 在日中国人の顧客ベース拡大は、非常に好調です。顧客数、取引高、預かり資産の全てがサービス開始から右肩上がりで、今後も力を入れていきたいと思います。
 当社の中国人顧客はトレード経験者の方がほとんどですが、やはり自国で無い日系ブローカーである当社に資金を預けるわけですから、資金の安全性や会社の規模等を特に気にされています。以前、会社自体が存在しているのかをご自身の目で確かめる為に、当社までお越し頂いたお客様もいらっしゃいます。

Q. 最近日本企業も海外への展開を見られますが、御社は海外展開を検討していますか?
あれば、どこの国でどのような形で展開を検討していますか?

 現在オーストラリアでのライセンス取得に向け準備を進めています。また、グローバル化に必須となってくる現地リクルーティングや海外での認知度向上の為、英語のウェブサイトも現在構築中です。

Q. 今後3年間での御社のビジョンは何ですか?

 我社のビジョンは、ビジョナリーカンパニーになることです。
 ビジョナリーカンパニーとは、全世界から優秀な人材が集まり、その中でも最高の人材で形成された経営チームが主体となり、絶えず自ら進化、変化し、新しい付加価値を生み出し続けることが出来る会社です。そんな会社になる為に、シストレ24という差別化されたサービスの品質向上を徹底して継続し、投資信託に変わる金融商品に育てるとともに、世界最高品質のFXサービスをアジア・オセアニア地区を中心に提供することで、インヴァスト証券のグローバル化を進めます。そして、それら全ての根幹である「優秀な人材」を全世界から集めるべく、様々なチャレンジをして行きたいと思っております。

この記事はWESTERN Incのオリジナル記事です。

『最新版』フォレックス・マグネイト四半期リテールFX市場調査報告書日本語版好評発売中!

11月14日、フォレックス・マグネイトサミット2012に経営者達が集結

フォレックス・マグネイト日本版公式facebookページ





コメントはまだありません.