ロシア市場 モスクワ取引所 取引新記録

by Forex Magnates at 19 September, 2012 カテゴリ: 世界FX取引業者動向

ロシア株式・デリバティブ取引所は、米QE3(Quantitative Easing program 3)の影響によるボラティリティの上昇を歓迎し、9月14日に過去最高の取引を達成した。

過去10年に亘り、主要なロシア株式は、ロンドン証券取引所(LSE)に上場した。世界の資本市場の中心であるロンドンは、ロシア企業に、最も発達し、適正な規制環境を持ち、資産運用会社や年金基金を含む様々な投資家を抱える市場へのアクセス手段を与えた。

ロシア市場は競争が激しく、モスクワ銀行間通貨取引所(MICEX:Moscow Interbank Currency Exchange)とロシア取引システム証券取引所(RTS:Russian Trading System Stock Exchange)との合併以来、流動性が増し、取引コストも減少した。

デリバティブ市場

モスクワ取引所のデリバティブ市場であるFORTSの取引量は、2001年以来最高となる、168億ドル(5267億ルーブル)、11.2 百万枚の取引を達成した。

先物の取引量は、150億ドル(4690億ルーブル)、10.5百万枚となった。

FORTS 通貨取引市場も最高記録となった。通貨及びロシア連邦政府債(OFZ)のデリバティブ取引量は最大となり, 52億ドル(1630億ルーブル)、5.3百万枚を記録した。

証券市場

証券取引は、56億ドル(1743億ルーブル)、715.5千取引となり、2012年の最高となった。

取引所会員は、710.4千取引、33億ドル(1044億ルーブル)の証券取引、2.6千取引、22億ドル(693億ドル)の債券取引を達成した。

FX市場

モスクワ取引所のFX取引量は、206.7億ドル(6491.9億ルーブル)を達成し、2012年8月~9月の日次平均取引量を50%上回った。

この記事の原文はこちら(Original article by Adil Siddiqui at forexmagnates.com)

『最新版』フォレックス・マグネイト四半期リテールFX市場調査報告書日本語版好評発売中!

11月14日、フォレックス・マグネイトサミット2012に経営者達が集結

フォレックス・マグネイト日本版公式facebookページ





コメントはまだありません.