ゲインキャピタル社新CPOにインタビュー『ゲインの過去・現在そして未来』(後編)

by Forex Magnates at 31 August, 2012 カテゴリ: 世界FX取引業者動向
Muhammad Rasoul

Muhammad Rasoul
CPO, GAIN Capital

前編はこちら

どの分野を強化していますか?

当社の法人部門のGTX ECNと教育デスクから生まれる商品やサービスのメリットを世界中のお客様に教え続ける事は必要不可欠で、そうする事によりお客様はForex.comのメタトレーダーで取引をする理由が明らかになります。また、執行力のスピードと質も重要です。多くのトレーダーは約定能力の質を未だにそれほど気にしておらず、低いスプレッドに魅力を感じ、実際に悪いレートを受け取っている事に気づいていいないと思います。
もしくはノーディーリーングデスクブローカーの誇大広告に巻き込まれているかです。現実はスプレッド以上のコストが発生しており、約定力の質が他社より優れているとか、当社のようなマーケットメーカーと同等レベルであるという証拠は何もありません。
私達はトレーダーに優位なスプレッドだけでなく高い執行能力を一貫して提供する事に力を注いでいます。月間のスコアカードを通し執行能力の質について高い透明性を築けるよう格別な取り組みを行っています。
FXCM社の最近の発表では、マーケットメイキングモデルの導入は、NDDモデルが優位なスプレッドを提供しておらずトレーダーの大半がNDDモデルよりもスプレッドについて気にしているという事を示しています。

Open E Cry社買収についてあなたの考えを聞かせてください。

この買収は素晴らしく、当社の収益源の多様化に向けた主軸となるコーポレート戦略の重要な部分にあたります。
何年もの間、わずか数社が人々の資金を預かり市場を占有しており、先物界は縮小しつつあります。しかし、生き残った先物業者にとっては利益を上げ存続を維持する事がさらに困難となり、約5-6年の強化期間を要してきました。
従って、私は今回の買収について、当社が成熟した市場に参加し、米国だけに限らず多くのマーケットでOTC FXを提供できる良いチャンスだと思っています。

クロスセリングの方向性を教えてください。

アクティブトレーダー達を見ると、様々な商品と取引する兆候が分かり、将来、取引所取引とOTC取引の境界線が消えゆくであろうと読んでいます。Open E Cry社のアクティブトレーディングプラットフォームはマルチアセットに対応しており、単一のインターフェースから、OTCと取引所取引の両方を取引する事が出来ます。 私達は、様々な市場にあらゆるニーズを提供出来る企業を目指しています。つまり、当社が目指すところは、マルチアセットです。

一般的な質問ですが、モバイル取引についての見解をお伺いします。モバイルのみを使用したトレーダーは増加傾向にあると思いますか?また、トレーダーは実際モバイル取引のみで成功する事が可能でしょうか?

FOREX.comはこの数年間、モバイル取引ソリューションに多額の投資を行ってきており、多言語対応のiPhone、アンドロイド、iPad専用アプリを開発しました。
現在、これは間違いなく他社に勝る点で、お客様からも高い評価を頂いています。今年の第2四半期は、当社アクティブトレーダーの20%近くがモバイル端末から取引を行っており、その取引量はリテール全体の11%に及びます。

トレーディングの未来について考ると、ディスプレイの画面や改解像度、ハードウェア、入力/出力のメカニズム等に合わせて変化する機能を兼ね備えた単一のアプリケーションが思い浮かびます。
モバイルアプリ、タブレットアプリ、デスクトップアプリの全てが同じものとなる日が来て、常に同期されクラウドもしくはコンタクト管理から強固な表計算アプリケーションまであらゆる処理に十分耐えられるハードウェア上に存在するポータブルアプリが出現するかもしれません。

近い将来、ゲイン社がリリースする新サービスはありますか?

第3四半期内にリリースする新しいCFD商品は、新プラットフォームリリースと共に取引銘柄を数十から数百へと増やします。CFDに関する商品ロードマップは非常にエキサイティングなもので、来年にかけて新たな市場やツールを導入する予定です。オンライン先物ブローカーであるOpen E Cry社の買収を受け、取引所先物取引を当社の全プラットフォームに統合するという構想もあります。

先で述べたように、私達は先物取引は当社既存のFX商品と非常に相性が良く、私達はこれらの商品を並列して提供しますが、将来的に、特に米国のような規制上CFD取引が認められていない市場での展開は当社の新たな差別化要素になると思っています。
さらに、現在お客様のよりスマートな取引決定に役立つ新ツールを試行中であり、年末までにリリース出来る様取り組んでおりますが、他にも差別化を図る施策を持っています。

この記事の原文はこちら(Original article by Ron Finberg at forexmagnates.com)

『最新版』フォレックス・マグネイト四半期リテールFX市場調査報告書日本語版好評発売中!

11月14日、フォレックス・マグネイトサミット2012に経営者達が集結

フォレックス・マグネイト日本版公式facebookページ





コメントはまだありません.