Hotspot社、FX7月取引量減少

by Forex Magnates at 15 August, 2012 カテゴリ: その他

ECNプロバイダーであるHotspot FX社は、2012年6月は取引量が拡大し、7月は前月比、前年同月比共に、17%下落したと発表した。数値は、他の報告元が経験している下落と一致した。個別通貨の中で、最も注目すべき動きは、EUR/CHFに見られた。取引量は2倍となり、上位13番目の取引量となった。取引価格は、1.2を下限にわずかに上回るレベルで取引され続け、過去1年にわたり取引が閑散としていた中での、今回の取引量の増加は、FXトレーダーを驚かせたに違いない。

Hotspotは、NASDAQに上場しているKnight Capital Groupの一社である。
Knight Capitalの株価は、現在、2.78ドルで取引されている。

取引量調査
Hotspotの取引量は他の報告元同様7月に減少した。月間取引量が5,708億ドルとなり、日次平均取引量(ADV)は、259億ドルとなった。公表されている取引量(Hotspot, ICAP/EBS,ロイター, FXall)からすると、Hotspotの2012年7月のマーケットシェアは、9.2%となり前年同月の8.1%から上昇した。

2012年7月数値(片道、米ドル):

  • ADV259億ドル(月間取引日22日)
  • ADV前月比(2012年6月: 313億ドル)17.1%減少
  • ADV前年同月比(2011年7月: 311億ドル)16.5%減少
  • 月次取引量合計5,708億ドル
  • 月次統計:

      取引高(米ドル換算) 日次平均取引高(ADV)
    2012年7月 5708億ドル 259億ドル
    2011年7月 6522億ドル 311億ドル

    取引量詳細
    2012年7月、アジア、米州地域は、それぞれ1.25%、2.1%の減少となった。反して、欧州は3か月連続の増加となり1.45%増であった。

    タイムゾーン別取引高の割合:

      アジア 欧州 米州地域
    取引量%(2012年7月) 10.24% 46.99% 42.78%
    取引量%(2012年6月) 11.49% 45.54% 42.99%

    通貨ペア取引量上位5位:

    通貨ペア EUR/USD AUD/USD GBP/USD USD/JPY USD/CAD
    割合 41.60% 12.82% 11.17% 9.10% 6.58%

    2012年7月に取引量上位10通貨ペアは変わらなかった。個別の取引量は変動した。最も顕著なのは、AUD/USDが最大の増加(+1.02%)を示し、最も取引された通貨の2番目となった。一方、USD/JPYは、1.54%の上昇となり、第4位を固めた。全体として、トップ20位の通貨ペアは、取引量の増加を経験したが、順位は若干入れ替わった。EUR/CHFは、もっともアクティブにトレードされ13位(シェア1.35%)となり、取引量は0.75%増加した。USD/RUB, USD/ZARは、トップ20位に返り咲き、GBP/CAD,USD/SEKがランク外となった。

    取引量比較
    Hotspot社の7月実績及び第2四半期、日次平均取引量比較:

    2012年7月 対前月比(2012年6月) 対前年同月比(2011年7月)
    Hotspot FX -17% -17%
    EBS/ICAP -22% -41%
    Reuters -9% -14%
    FXall (Active Trading Segment) -20% -3%
    CME -24% -10%

    この記事の原文はこちら(Original article by Ron Finberg at forexmagnates.com)

    『最新版』フォレックス・マグネイト四半期リテールFX市場調査報告書日本語版好評発売中!

    11月14日、フォレックス・マグネイトサミット2012に経営者達が集結

    フォレックス・マグネイト日本版公式facebookページ





    コメントはまだありません.