ハッキングされた電子通貨『ビットコイン』取引所に対し46万ドルの訴訟

by Forex Magnates at 14 August, 2012 カテゴリ: 各国FX規制関連

コンピューター同士で通信を行うP2P型ペイメントネットワークであるのビットコイン取引所『Bitcoinica』のユーザー達が、セキュリティー侵害により資金を喪失したとして460,000ドルの賠償を請求する訴訟を起こしている。
十代のZhou Tong氏によって構築されたこのシステムは、最近競合である英国のIntersango社に売却された。

Tong氏は6月にIntersango社にBitcoinicaを売却したが、数日以内に2度目のハッキング攻撃を受け、90,000ドルに値する18,547ビットコインを盗まれ、それ以来サイトはオフラインになったままである。

Bitcoinicaは、当該通貨が顧客からではなく同社から盗まれており、顧客からの全出金依頼を受け付ける旨を断言した。サイト上にクレーム投稿システムを設置していたが、ユーザーには資金の半分しか返還されない旨が記載されている。

複数の掲示板ではTang氏自身がこのハッキングに関与していたいう臆測が飛び交っており、サンフランシスコでは原告4人が、彼らが未だ所有していると主張する460,457.70ドルを要求する申し立てを行った。

かつての当取引所ユーザー達は、被告のBitcoinica、Intersango社、複数の関係者が共謀し、故意に妨害、先延ばしにし原告らの論争中の資金に関する権利を剥奪しようとしていると主張。

ニュージーランドのFirst National Innovation Broker社はFX取引の支払い方法としてビットコインを導入している。

この記事の原文はこちら(Original article by Adil Siddiqui at forexmagnates.com)

『最新版』フォレックス・マグネイト四半期リテールFX市場調査報告書日本語版好評発売中!

11月14日、フォレックス・マグネイトサミット2012に経営者達が集結

フォレックス・マグネイト日本版公式facebookページ





コメントはまだありません.