サンガード社 WSE接続でAlior Bankと調印

by Forex Magnates at 13 August, 2012 カテゴリ: その他

ポーランドのAlior Bankのブローカーであり、イタリアのCarlo Tassara Groupに属するBiuro Maklerskie Alior Banku は、ワルシャワ証券取引所(WSE)との接続のためにサンガード社のValdiを選んだ。

Alior Bankのトレーダーは、WASへの注文のフローを管理するためにValdiの取引ツールを利用する。併せて、リスクマネジメントにValdi Selector、バスケットトレーディングとインデックス裁定取引のためにValdi Programを利用する。Alior Bankは、WSEへの注文のルーティングのためにオンライン・リテール・トレーディングをValdi 注文管理システムに接続する。

ポーランドは、洗練された資本市場を持っているが、リテール投資家は、株式市場の主要なプレーヤーになっている。ポーランドの信用収縮を切り抜ける能力によって、海外からの直接投資(Foreign Direct Investment: FDI)は、過去五年間増え続けている。

AliorのCEO, Krzysztof Polakは、”SunGardは、ポーランド資本市場に精通し、広いプロジェクトマネジメント管理能力を持っている。Valdiの取引ツールと統合されたFIX(金融情報取引)注文管理システムは、我社のトレーダーの日々のサポート及び生産性の向上に貢献する。”と述べている。

サンガード・キャピタルマーケット・ビジネスの接続サービスのグローバルヘッドであるPhilippe Carreは、”サンガードは、最先端の技術を駆使し、ローカル市場やグローバル市場との接続を素早く容易に行うことによりAlior Bankのような急成長会社をサポートすることができる。”と述べている。

ポーランドは、急成長し、発展する東欧ブロックと西欧の間に位置し、東欧の先端を走るハブとして、最も流動性があり、繁栄する株式市場の一つとなっている。欧州では、6番目の経済国となり、欧州ゾーンの平均成長率を上回っている。2011年の経済成長率は、3%だった。FXは、リテール投資家の好ましい投資先となっており、TMSやXTBのような国内ブローカーは、教育プログラムを通して関心を集めている。

高い識字率とインターネット利用率により、ポーランドは多くのFXトレーダーのホームグランドとなっている。最近、主要銀行の一社が、メタクオーツ社とサクソバンクの協力を得て、この東欧で人口密度が最も高い国に拠点を設立することになった。

英国に本部を構えるCity Indexは、2008年11月にポーランドオフィスを開設したが投資家の獲得に成功していない。

フォレックス・マグネイトの調査部は、東欧のFX事情について近々ローンチ予定の詳細レポートを準備している。

この記事の原文はこちら(Original article by Michael Greenberg at forexmagnates.com)

フォレックス・マグネイト最新の四半期リテールFX市場調査報告書日本語版好評発売中!

11月14日、フォレックス・マグネイトサミット2012に経営者達が集結

フォレックス・マグネイト日本版公式facebookページ





コメントはまだありません.