ゲインキャピタル社、法人事業急成長で輝かしい第2四半期実績に

by Forex Magnates at 6 August, 2012 カテゴリ: 世界FX取引業者動向

2012年第1四半期と4月が不調であった上場FX&CFDブローカー、ゲインキャピタル社の2012年第2四半期実績は有望であった。
トレーダーは欧州不安とQE3によるボラティリティに警戒心を抱いており、取引高に影響が及んでいる。

2012年第2四半期ハイライト
(2011年第2四半期比)

  • 純収益:4,570万ドル(5,560万ドル)
  • 調整後EBITDA:880万ドル(1,910万ドル)
  • 純利益:440万ドル(1,000万ドル)
  • 調整後純利益:500万ドル(1,120万ドル)
  • 希薄化後EPS:0.11ドル(0.26ドル)
  • 調整後希薄化後EPS:0.13ドル(0.29ドル)
  • 合計リテール取引量:3,408億ドル(3,572億ドル)
  • 合計法人取引量:4,425億ドル(974億ドル)
  • ゲインキャピタル社CEOのGlenn Stevens氏は、「当社の顕著な収支実績はリテール事業の大幅な収益増加にけん引され、これはわずかなマーケットボラティリティでの投資を可能にする当社の能力を実証しています。
    同時に、当社法人プラットフォームであるゲインGTXは、マーケットシェアを伸ばし続け、昨年の第2四半期から収益が4倍となりました。私達は、収益源を多様化させる長期的戦略の一貫として実施したOpen E Cry社買収は、取引所取引の先物市場への参入や当社のコミッションベース収益の増加に貢献しています。7月には法人事業を拡大する為に、法人執行デスクの2倍以上の規模となる10人体制のチームを加えました。」と語った。

    リテール事業
    2012年第2四半期は、ゲイン社のリテール事業収益は4,080万ドルであった。(2012年第1四半期2,940万ドル、2011年第2四半期5,410万ドル)
    また、2012年第2四半期の合計リテール取引量は3,408億ドルであった。(2012年第1四半期3,851億ドル、2011年第2四半期3,572億ドル)

    Stevens氏は、下記を述べた。
    「当社のリテール事業は成長し続け、6月30日末時点の顧客資産は9%増加し、3億2,020万ドルでした。カナダで新しいForex.comサービスを始め、新しいCFDサービスのベータ版を進めており今年9月に完全リリースを予定しています。」

    2012年7月、ゲインはカナダにForex.comを立ち上げ、カナダ在住顧客は50通貨、エネルギー、貴金属、農業商品、株インデックスを含む70以上の銘柄を取引する事が可能となる。

    法人事業
    ヘッジファンド、銀行、高頻度取引業者等の法人市場参加者向けのゲインGTXは、2012年第2四半期収益が420万ドルであった。前年同四半期は90万ドル。法人取引高は前年同四半期が974億ドルであったのに対し4,425億ドルであった。
    10人体制のエージェンシーデスクを加え、専門執行デスクを拡大した。ニューヨーク拠点のこのチームはFX、オプション、新興成長市場に特化し、GTXの執行デスクの2倍のサイズとなる。

    Stevens氏は、「ゲインGTXのリリースから2年も経たずに、革新的なECNテクノロジーと専用中央クリアリングモデルのおかげで法人FXトレーダー間での地位を確立し着実にマーケットシェアを獲得しています。」と述べた。

    その他の開発
    商品ポートフォリオの多様化と新たな収益源開発を目指すゲインの戦略の一部として、6月にオンライン先物ブローカーのOpen E Cry社を1200万ドルで買収する事に合意した。
    6月末時点でのOpen E Cry社の顧客資産は9,590万ドルで、口座数は8,101。同社の2011年10月31日締め年間収益は1,360万ドル。本取引は今年第3四半期中に完了し2012年度中に徐々に拡大する予定。

    これについてStevens氏は、「先物取引は当社の既存リテールFXとCFD商品の相性は良く合い、当社のグローバル顧客ベースを拡大させるOpen E Cry社の持つ技術と能力は先物分野で強力な武器となります。
    当社は強大な相乗効果の可能性を見出しており、米国を超えたOpen E Cry社の地理的拡大の実現と、FXと先物のクロスセリングを行う事が出来るでしょう。」と語った。

    この記事の原文はこちら(Original article by Adil Siddiqui at forexmagnates.com)

    フォレックス・マグネイト最新の四半期リテールFX市場調査報告書日本語版好評発売中!

    11月14日、フォレックス・マグネイトサミット2012に経営者達が集結

    フォレックス・マグネイト日本版公式facebookページ





    コメントはまだありません.