CMEグループ、第2四半期実績でプラス成長示す

by Forex Magnates at 27 July, 2012 カテゴリ: その他

CMEは、第2四半期の収益が7億9,600万ドル(第1四半期:7億7,500万ドル)で、営業利益が4億6,900万ドル(第1四半期:4億5,100万ドル)であった事を発表した。
純利益は2億4500万ドルで、希薄化後一株当たり利益は0.74ドルであった。

第2四半期の実績には6500万ドルの営業外収益が含まれ、The McGraw-Hill CompaniesとのジョイントベンチャーであるS&P Dow Jones Indicesに寄与する事業に関わる非支配株主特分の800万ドルに一部相殺されている。

CMEグループ執行会長のTerry Duffy氏は、下記を述べた。
「今年は金融業界にとって厳しい年です。最近の情勢を踏まえ、私達は議会、規制当局先物業界全体と緊密に取り組んでおり、顧客保護の強化とこの危機的なマーケットの完全性を確保する為に懸命に努めています。」と語った。
さらに、当社が重要視している事は、取引所取引とOTC取引のクリアリングにおいて長期的に地位を安定させる事です。
初めてOTCスワップで当社のクリアリングサービスを使用する新たなバイサイド業者数社と共に、当社はOTCクリアリングビジネスで躍進を遂げ続けて行きます。」

6月のFX先物の実績は好調で、同グループは日次取引高で1,280億ドルを記録した。

この記事の原文はこちら(Original article by Adil Siddiqui at forexmagnates.com)

フォレックス・マグネイト最新の四半期リテールFX市場調査報告書日本語版のご購入はこちら

フォレックス・マグネイト日本版公式facebookページ





コメントはまだありません.