東京工業品取引所、米NASDAQ OMXとの提携を延長

by Forex Magnates at 24 July, 2012 カテゴリ: その他

NASDAQ OMXグループは、東京工業品取引所(TOCOM)及びシステムを担当するNTTデータと2019年までシステムサポート契約を延長すると発表した。契約により、NASDAQ OMXは、TOCOMの商品デリバティブ向け、包括的取引決済システムのオペレーションとサポートを継続する。加えて、TOCOMはレイテンシー(遅行)を改善した取引システムに更新した。TOCOMは、2009年にNASDAQ OMXのプラットフォームを採用している。

江崎 格(ただし)、東京工業品取引所 社長は、「わが社とNASDAQ OMXとの提携は、当取引所と市場参加者の双方にとっても実り多く、今回の延長はパートナーシップが次の段階に進んでいることを意味する。NASDAQ OMXは、一貫してすばらしいサポート、システム機能、レイテンシー対策を提供してくれており、当取引所は世界でもまれな、ミリセカンド(千分の一秒単位)レベルのレオテンシーを達成している取引所となった」と述べた。NASDAQ OMX Market Technology のSenior Vice President であるLars Ottersgard氏は、「今回の契約延長は、TOCOM、NTTデータ、NASDAQ OMXの提携が成功し、実り多いものである証しです。日本は、NASDAQ OMXにとって重要な市場であり続け、TOCOMのわが社の技術力への信頼は、私たちの市場における地位を強化して行くでしょう。」とコメントした。

TOCOMに加え、NASDAQ OMXは、現在、大阪証券取引所及びSBI Japannextにも技術提供している。
また、NASDAQ OMXは、米IKON Marketsとも金取引に関連し提携している。

この記事の原文はこちら(Original article by Adil Siddiqui at forexmagnates.com)

フォレックス・マグネイト最新の四半期リテールFX市場調査報告書日本語版好評発売中!

フォレックス・マグネイト日本版公式facebookページ





コメントはまだありません.