トムソン・ロイター社、6月FX取引量7%減少

by Forex Magnates at 11 July, 2012 カテゴリ: その他 | 世界FX取引業者動向

トムソン・ロイター社の取引プラットフォームでの6月のデイリースポットFX取引量は、前年より9%以上も減少した。

6月の日次平均取引量は1,430億ドルで、前月の1,540億ドルから7%減少した。

トムソン・ロイター社のスポークスマンは、この減少について欧州債務危機に対する投資家の懸念が起因していると述べた。

彼は「ユーロ圏への不安感は根強く、概してFX取引量の伸びにわずかな低迷を示している。」とコメントをした。

トムソン・ロイター社は先日上場企業のECN『FXall社』を6億2,500万ドルで買収した。

この記事の原文はこちら(Original article by Adil Siddiqui at forexmagnates.com)

フォレックス・マグネイト最新の四半期リテールFX市場調査報告書日本語版のご購入はこちら

フォレックス・マグネイト日本版公式facebookページはこちら





コメントはまだありません.