SpotOption社、ライセンス取得後初のバイナリーオプションセミナーを開催

by Forex Magnates at 29 June, 2012 カテゴリ: 世界FX取引業者動向 | 取引システム

SpotOption社は、CySecの金融ライセンスを受理した初のバイナリーオプションテクノロジープロバイダーとなり、既存ならびに見込み顧客向けに新規制についての無料セミナーを開催する予定である。

金融商品としてバイナリーオプションが規制対象となったCySECによる先日の発表を受け、SpotOptionはこの規制変更について既存顧客および見込み顧客向けにセミナーを開催します。
SpotOptionはテクノロジー提供だけではなく金融法人としての投資サービスを含む自社サービスの向上を図っています。SpotOptionは、ヨーロッパのCySECに準拠し、顧客が法律に従って取り組めるサービスを提供出来ます。
この業界で唯一の規制されたマーケットメーカーとして、SpotOptionが開催するセミナーでは、規則基準をはじめ、バイナリーオプションオペレーター達が独自でライセンスを獲得するという事とSpotOptionのライセンス下で展開するという選択肢の違いを明確にする事が目的とされています。

本セミナーはK. Treppides &Co LtdとMarios Cosma氏が協賛し、様々なライセンス種類、ライセンス申請プロセス、運営組織について議論されます。また、SpotOptionからは同社のライセンス下での取り組み方について説明を行う予定です。
もちろん、セミナー出席者全員がチャンスや選択肢を十分理解出来るように質疑応答の時間もご用意しています。

SpotOption社創設者Pini Peter氏は、下記コメントを述べました。
「バイナリーオプションの規制は、私達の業界において目覚ましい進歩です。この規制プロセスのリーダーとして、このセミナーを開催出来る事を誇りに思っています。
また、当社の既存ならびに潜在的なクライアント様に対し、あらゆる段階においても私達が存在しサポートする事を示す機会でもあります。
そしてクライアント様の最優先事項である安全に・法に準拠し・収益性のある事業を行うという事は、当社においても重視されている事項です。」

この記事の原文はこちら(Original article by Michael Greenberg at forexmagnates.com)

フォレックス・マグネイト最新の四半期リテールFX市場調査報告書日本語版のご購入はこちら





コメントはまだありません.