OANDA社、取引銘柄にプラチナとパラジウムを追加。MT4にも今後追加予定。

by Forex Magnates at 22 June, 2012 カテゴリ: 世界FX取引業者動向

プラチナとパラジウムは、FXブローカーではめったに提供されていないが、一部のトレーダーがこれらの銘柄に魅力を感じているのは事実である。より多くの銘柄を提供すればするほど、さらに多くの取引の増加が期待できる。
OANDA社は同社のfxTradeプラットフォームにプラチナとパラジウムを追加し、MT4プラットフォームにも近々追加される事だろう。

2012年6月22日シンガポール
革新的なオンラインFX取引サービスを提供するOANDA社は、2種の貴金属ペアを同社の受賞歴ある取引プラットフォーム『fxTrade』に追加した。
プラチナムとパラジウムは、クロスドルとなり、XPT/USDとXPD/USDとして提供される。

この新しい通貨ペアは、OANDAのアジア太平洋とヨーロッパ部門の顧客に取引可能となる。
同顧客は、ウェブ、API、モバイルから同社のプラットフォームで合計23の貴金属ペアへのアクセスが可能。
当該部門における、MT4利用顧客へのXPT/USDとXPD/USD提供は今後予定されている。

OANDA社CTOのTony Savor氏は、下記を述べた。
「プラチナムとパラジウムは、産業用、民生用に幅広く利用され、そして現在グローバルファンダメンタルにも利用されるようになりました。例えば、中国での自動車用製品の増加による供給不足への懸念がこれら貴金属への強い関心を集めました。
私達は、当社の顧客にこれらの興味深いマーケットでの取引チャンスを提供したいと思いました。当社のシステムは1単位から1000万単位までどんなサイズでもコミッション無しで取引可能となっている為、より柔軟で無駄なコストがかからない貴金属取引を提供します。
この新しい通貨ペアがアジア太平洋地域とヨーロッパ地域のお客様の大きな関心を集める事を期待しています。」

現在、OANDA社はこの他にCFD取引と主要通貨ペアを始め、USD/INRやUSD/CNY等のエキゾチックペアを含めた72種の取引通貨ペアを提供している。

この記事の原文はこちら(Original article by Michael Greenberg at forexmagnates.com)

フォレックス・マグネイト最新の四半期リテールFX市場調査報告書日本語版のご購入はこちら





コメントはまだありません.