cTraderが国際保証業務基準を取得、ソフト提供競争優位に。

by Forex Magnates at 21 June, 2012 カテゴリ: 取引システム

ISAE(旧SAS Type I)監査は、金融法人にとってサービスの安定性と安全性を証明する厳格な基準である。
cTraderはこのような監査を完了した事で、この基準を満たした金融ソフトウェアした受け入れない主要金融機関へのアプローチが可能となった。

ロンドン拠点の金融テクノロジー企業であるcTrader(別名Spotware)は、ISAE 3402 Type I監査の最終報告書を受理した事を発表した。
ISAE 3402 Type Iとは、サービス会社の統制活動に関するベストプラクティス基準報告書もしくは保証報告である。

安全性ならびに品質保証に的確に重点を置くcTraderは統制活動の監査を完了し、強固なFXのSTPソリューションリーダーとしての地位をさらに向上させる内部統制や方策を整備する。

cTrader LtdのCEOであるAndrey Pavlov氏は下記を述べた。
「私達は、Spotware商品全般における当社顧客データ保護に関する最高水準の統制活動を認定され非常に嬉しく思っています。これにより安全な運営についての当社の評判はより一層高められ、お客様の信頼を尊重するという当社のコミットメントの一例を示しています。」

ISAE(旧SAS 70)Type I報告書は、処理環境における統制の完全性について『合理的保証』の水準で実践している企業に与えられる。

同報告書は、オペレーションのプロセス時に採用されている恒久的な統制プロセスとその目的、手順を明記し正式なものとしている。Deloitteのガイダンスの下、ISAE 3402 Type Iはシステム統制の適切な設計・実装についても見解を示している。

この記事の原文はこちら(Original article by Michael Greenberg at forexmagnates.com)

フォレックス・マグネイト最新の四半期リテールFX市場調査報告書日本語版のご購入はこちら





コメントはまだありません.