バークレイズ社、中東・北アフリカの為替商品拡大

by Forex Magnates at 19 June, 2012 カテゴリ: FX取引サービス

バークレイズ社は、複数の中東・北アフリカ(MENA)通貨の金利スワップ取引の初のライブ実行と電子的執行の開始を発表した。

ブルームバーグを介し(ショートコードMENA)たバークレイズ社の取引プラットフォーム”BARX”を通し、顧客はUAEディルハムやサウジリヤルを1年物から10年物まで、クリック&トレードもしくは大口取引のクオートをリクエスト出来る。

バークレイズ社MENAのCEO、John Vitalo氏は、下記を述べた。
「複数のMENA通貨における金利スワップのライブかつ実行可能な価格を最初に提供するプラットフォームをリリースできた事は、この地域に対する当社の力強いコミットメントを証明しています。」

さらにVitalo氏はこう加えた。
「この画期的なサービスは、この地域の顧客から受けた具体的なご要望に基づいて作られました。私達は、特定地域通貨の電子的執行へのアクセスが、グローバルオペレーションに付随するリスク管理を効率的に出来るようにお客様をサポートすると確信している。」

バークレイズ社EEMENA、EM Tradingの責任者兼マネージングディレクターのAvijit Agarwal氏は、
「BARXは、他の革新的な商品で構成された中東、北アフリカのお客様のポートフォリオに加えられます。
当社は、過去2-3年で、GCCレートの開発や、ドバイでの為替取引を可能にするなど、MENA地域で目覚ましい拡大を図ってきました。
BARXのリリースはバークレイズにとって、この地域での存在感をさらに強化する重要な要因となるに違いありません。」と述べた。

この記事の原文はこちら(Original article by Adil Siddiqui at forexmagnates.com)

フォレックス・マグネイト最新の四半期リテールFX市場調査報告書日本語版のご購入はこちら





コメントはまだありません.