トルコ当局、バイナリーオプションブローカーを訴え、ウェブサイトを停止

by Forex Magnates at 13 June, 2012 カテゴリ: 世界FX取引業者動向 | 各国FX規制関連

トルコ当局CMB(Capital Markets Board)は、現地ライセンスを取得していないFXブローカーによる現地顧客勧誘を禁止して以来、

それらの業者の多くは、CMBがバイナリーオプションに興味を示していないと考えていた為、バイナリーオプション提供にシフトしていた。

しかし、CMBはこの件に対して異なる見解を持っており、トルコ顧客への過度なバイナリーオプション売り込みを阻止しようと早急に動いている。

CMBはこの文書を発行し、バイナリーオプションブローカー数社が法に反しているとみなし訴える方針でいる事を示し、また現地インターネットサービスプロバイダーに対し、トルコ人による以下のウェブサイトへアクセスをブロックするよう要求した。

www.optionfair.com (IP No: 85.159.234.47)
www.optionrally.com (IP No: 24.27.250.49 and 24.27.250.9)
www.tradesmarter.com (IP No: 79.125.7.162)
www.vopsiyon.com (IP No: 80.252.94.92)※同社のウェブサイトは削除され、CMBの警告内容が表示されている。全ての顧客に対し資金を出金するよう通知されている。
www.anyoption.com (IP No: 89.191.219.193 and 89.191.219.194)
www.multiyatirim.com (IP No: 80.252.94.32) ※トルコ拠点のブローカー。現在アクセス不可、同社サーバーはCMBによって停止された。

CMBは本件を非常に深刻に受け止めていると思われ、バイナリーオプションを非金融市場銘柄とし、ギャンブル商品として看做している。
CMBは既に現地裁判所に提訴しており、上記ブローカー以外のブローカーも今後対象となる可能性がある。

この記事の原文はこちら(Original article by Michael Greenberg at forexmagnates.com)

フォレックス・マグネイト最新の四半期リテールFX市場調査報告書日本語版のご購入はこちら





コメントはまだありません.