FXCM社、5月の取引量伸ばす

by Forex Magnates at 7 June, 2012 カテゴリ: 世界FX取引業者動向

世界大手FXブローカーであるFXCM社は、2012年5月の取引実績が好調であった事を発表し、リテールならびに法人のFX事業における5月の主要営業実績を開示した。

2012年5月
リテール取引実績

  • リテール顧客取引高(1)は3,040億ドルで、前月比23%増加、前年同月比7%減少。
  • リテール顧客の日次平均取引高(1)は132億ドル、前月比12%増加、前年同月比11%減少。
  • リテール顧客日次平均取引枚数は362,293枚、前月比12%増加、前年同月比0.4%減少。
  • 5月31日時点での取引可能口座数(2)は203,873口座、前月比1%(1,334口座)増加、前年同月比21%(36,029口座)増加。
  • 法人取引実績

  • 法人顧客取引高(1)は1,380億ドル、前月比34%増加、前年同月比73%増加。
  • 法人顧客の日次平均取引高(1)は60億ドル、前月比22%増加、前年同月比65%増加。
  • 法人顧客日次平均取引枚数は16,496枚、前月比21%増加、前年同月比では90%増加。
  • 同社CEOのDrew Niv氏は、「5月は堅実な実績を示す月となりました。5月前半の低いボラティリティーにも関わらず、後半は見事な回復を見せ、取引量に反映されました。このボラティリティーが続けば当社は引き続き安定的な業績をあげられるでしょう。」と述べた。

    (1)取引高はFXCM顧客の当該期間中取引を米ドルに換算したもの。
    (2)取引可能口座とは、FXCMの取引指針に基づき取引を行える十分な資金を保有している口座の事。

    この記事の原文はこちら(Original article by Adil Siddiqui at forexmagnates.com)

    フォレックス・マグネイト最新の四半期リテールFX市場調査報告書日本語版のご購入はこちら





    コメントはまだありません.