ICAP社は、Traiana社新CEOにAndy Coyne氏を任命

by Forex Magnates at 21 May, 2012 カテゴリ: 世界FX取引業者動向

ICAP社は、人事の入れ替えを引き続き行っており、今回は現在EBSのCEOを務めるGil Mandelzis氏の後任に元CitiFX Prime責任者のAndy Coyne氏を任命した。

2012年5月21日ニューヨーク
ICAP社は、Andy Coyne氏を同グループ会社のTraiana社CEOに任命したことを発表した。Andy Coyne氏は、FX Primeとeコマース商品の責任者であったCitiグループを離れTraiana社に加わった。彼はTraiana社の創立者であるGil Mandelzis氏の後を継ぐ事となる。Gil Mandelzis氏は、Traiana社で新たに作られた会長のポジションに就いた。

Andy氏は、Traiana社のFX、取引所取引デリバティブ、株、株デリバティブ、債券、金利を含むアセットクラスにおけるグローバルビジネス全体の指揮を執る。
彼はロンドンを拠点にする予定である。

Citiに従事した6年間で、Andy Coyne氏はCitiのグローバルFXプライムブローカレッジ事業を築き、同行をFXの業界リーダーの一員へと育て上げた。Citiの前は、Andy氏は、ドイツ銀行のFXプライムブローカレッジの責任者を務めており、バンカーズ・トラストでは数々のマネージメントのポジションに就いていた。
彼はまたCLS Aggrgationの役員でもあり数多くの業界のイニシアチブや団体の主要リーダーを務めてきた。以前はIPO前のFXAllの役員を務めていた。

Traiana社会長のGil Mandelzis氏は、下記のコメントを述べた。
「Andy氏は、Traianaを指揮し、次の開発ステージへと先導する人物にふさわしい人材です。彼は何年もこの業界で多くのビジネスを成功させてきており、今後の方向性を示す優秀な指導者として多くに認められ、業界全体で高く評価されています。私達は、Andy氏が見出したTraianaの多大な将来性や、それらの実現に向け今後彼が当社の指揮をとる事を非常に嬉しく思い、また誇りに思っています。」

また、ICAP社CEOのMichael Spencer氏は、「私達は、Andy氏を当グループに迎える事が出来、嬉しく思っております。Traianaは、当社のポートフォリオにおける主要会社で、ポストトレード分野で非常に重要で中心的な役割を担っています。Andy氏のビジョンと経験は、Traianaの継続的成長において、彼の貢献は貴重なものとなるでしょう。」と加えた。

Traiana社CEOのAndy Coyne氏は下記を述べた。
「会社や業界にとって大事なこのような時期に、Traianaチームの一員になれ、非常に興奮しています。Traianaは、FX界を根本的に変えてきて、株、取引所取引デリバティブ、債券、金利における顧客のアセットクラス拡大に貢献しています。私は今後Traianaのお客様やパートナー様にさらに素晴らしい価値を提供し、共に歩んで行ける事を楽しみにしています。」

この記事の原文はこちら(Original article by Michael Greenberg at forexmagnates.com)

フォレックス・マグネイト最新の四半期リテールFX市場調査報告書日本語版のご購入はこちら





コメントはまだありません.