ゲインキャピタル社、リクイディティ管理にStreamBase LiveViewを採用

by Forex Magnates at 14 May, 2012 カテゴリ: 世界FX取引業者動向

StreamBase Systems社はゲインキャピタル社がリクイディティ最適化とバックオフィスリスクモニタリング用にStreamBase LiveViewを設置した事を発表した。
StreamBase LiveView Analytics Serverにより、ゲインキャピタル社は市場リクイディティの単一リアルタイムビューへのアクセスと、効率的で最適なリクイディティを提供するのに役立つ分析を素早く展開する事が可能となる。

StreamBase LiveViewは、ライブデータと過去データの両方を処理するリアルタイム分析プラットフォームで、StreamBase LiveView Analytics Serverから、StreamBase LiveView Desktopに、継続的に更新情報を送り続ける。
StreamBase LiveViewの使用で、ゲインキャピタル社のユーザーは、生のデータや分析結果がグラフやツリーマップなど視覚的に表示されるStreamBase LiveView Desktopを通してストリーミングと過去データを得る。
LiveView systemの目標は、ゲインキャピタル社が顧客の為に利用可能なリクイディティの最適化を促進することである。

LiveViewプラットフォームのライブ通知やアラートも、ゲインキャピタル社にとって重要な要素であり、これらはバックオフィスユーザーが、リクイディティやリスクをさらに効率的に管理したり、リアルタイムレポーティングの提供を可能にする。

ゲインキャピタル社Trading and Risk Management SystemsのVPであるRob Perez氏は、「FX市場は、非常に断片化され変動が速い市場です。Live Viewは当社にこの業界で本当にユニークなミリ秒単位の分析プラットフォームを提供します。当社は140カ国以上に顧客を抱え絶え間なく取引が行われている為、StreamBase LiveViewは当社の取引エコシステムを監視し、顧客のニーズによりかなうライブインテリジェンスを提供するのに非常に役立ちます。」と述べた。

また、StreamBase社CEOのMark Palmer氏は、下記を述べた。
「StreamBase LiveViewプラットフォームの開発は、移動中データの分析・予測・実行に対する顧客のニーズから生まれました。Live Viewは企業の視認性、効率性、インフラ管理を向上させる事で、企業の顧客にリクイディティとタイムリーなソリューションの統合を提供する事が出来ます。」

この記事の原文はこちら(Original article by Adil Siddiqui at forexmagnates.com)

フォレックス・マグネイト最新の四半期リテールFX市場調査報告書日本語版のご購入はこちら





コメントはまだありません.