取引高停滞の中、FXall社4月実績はわずか2%減に収まる

by Forex Magnates at 9 May, 2012 カテゴリ: 世界FX取引業者動向

大半のFXブローカーは、取引高に2桁の減少を報告しており、FXCM社は27%減、Swissquote社はなんと35%減という結果であった。

FXall社の4月取引高は前月比わずか2%減に収まり、多角的なFX ECN業者は、ボラティリティーの傾向に影響を受けやすい事を示している。

2012年5月9日ニューヨーク
独立型電子FX取引ソリューションの大手グローバルプロバイダーであるFXall社(NYSE: FX)は、4月の合計日次平均取引高が886億ドルで前月比2%減、前年同月比8%増であった事を発表した。
Relationship Tradingの日次平均取引高は695億ドル、Active Tradingの日次平均取引高は191億ドルであった。
同社の全ての取引高はシングルカウントベースで算出されている。

この記事の原文はこちら(Original article by Michael Greenberg at forexmagnates.com)

フォレックス・マグネイト最新の四半期リテールFX市場調査報告書日本語版のご購入はこちら





コメントはまだありません.