CLS銀行、4月の業績不振

by Forex Magnates at 8 May, 2012 カテゴリ: その他

世界最大の外為決済機関のCLS銀行は、2012年4月の清算実績が激減した事を発表した。

総取引高
CLS銀行に出された4月の総取引量は、清算・アグリゲーションサービスを含めて945,388で、前月比(1,070,371)約12%減少。

清算取引量と売買高
4月の日次平均清算高は4.47兆ドルで、前月比(5.07兆ドル)12%減少。日次平均取引量は、3月の770,109から668,535へ減少。

CLSアグリゲーションサービスの取引量
CLSアグリゲーションへの日次平均流入取引量は、3月の312,185から減少し289,835で平均圧縮率は95%であった。

4月はイースター休暇もあり不毛の月となった。EBSも4月の実績に落ち込みを見せた。

この記事の原文はこちら(Original article by Adil Siddiqui at forexmagnates.com)

フォレックス・マグネイト最新の四半期リテールFX市場調査報告書日本語版のご購入はこちら





コメントはまだありません.