TradingScreen社、リアルタイム取引コスト分析ツールを発表

by Forex Magnates at 7 May, 2012 カテゴリ: 取引システム

リクイディティがFXに流れ込み、業者間競争がさらに激化し、取引コストはさらに削減されている。新しいテクノロジーは企業の業績を向上させる為にこれらのコスト管理に使用されている。
TradingScreen社は、SaaS形態のリクイディティ・トレーディング・投資テクノロジーの独立したプロバイダーであり、同社はFXを含むマルチアセットクラス向けのリアルタイム取引コスト分析ツール(TCA)をリリースした。

これは、特にアルゴリズムを使用した大口注文の執行をトレーダーに最適化されたグラフィカルなモニタリング機能を提供し、トレーダーにとって、断片化したリクイディティーを持つ取引環境においてコストをコントロールするのに役立つツールである。
また、単一の証券やアセットクラス全体の不利な市場変動に対応する能力を提供する。

またこのサービスは『Tree Map』と呼ばれるTCA関連データを表示する分布図も搭載している。
TradingScreen社の分析部門責任者であるJon Fatica氏は、下記のコメントを述べた。
「これらのトレーダー最適化ツールの導入は、機能性における大きな前進となり、当社のお客様の取引実績にすぐさまプラスの影響を与える事でしょう。リアルタイムのTCAは、トレーダーが最も低いコストで効率的な執行を実行する取引所やストラテジーを見極めるのに役立ちます。また、さらに多くの従来の代替アセットマネージャー達が、複数のアセットクラスや地域で取引を始めている為、この機能は、急激かつ不利な相場変動に対し早い段階で警告するシステムを提供します。」

同社のCEOであるPhilippe Buhannic氏は下記のように述べた。
「この新しいプラットフォームは断片化したリクイディティに直面した際トレーダーがよりコントロール出来、その結果さらに効果的な取引判断を導く事が出来ます。当社は常にマルチアセットに焦を当ててきており、引き続きさらに多くの実用的なインサイトを分析という形で当社のインターフェースに追加していく事に努めています。当社のリアルタイムTCAはこれら2つの戦略が自然に発展したもので、当社ならではの価値を世界中のお客様にお届けします。」

この記事の原文はこちら(Original article by Adil Siddiqui at forexmagnates.com)

フォレックス・マグネイト最新の四半期リテールFX市場調査報告書日本語版のご購入はこちら





コメントはまだありません.