PFG社、FX Bridge社と組みFXオプション取引を開始

by Forex Magnates at 7 May, 2012 カテゴリ: 世界FX取引業者動向

FXとCFDテクノロジーソリューションの大手プロバイダーであるFX Bridge Technologies社(以下「FX Bridge社」は、大手グローバルブローカーのPFGBEST社と連携し、同社の顧客にFX Bridge社の取引プラットフォームを介しオンラインFXオプション取引を提供する事を発表した。

PFGBEST社はこのFX Bridge社のプラットフォームを通じて、インターバンクリクイディティーへの直接アクセスを含んだ同社の商品内容を拡大し、法人ならびにリテールFX顧客サービスの向上を行う。同社は、STPのTyphoonシステムを構築し、これは世界のFXリクイディティ集約のモデルとなった。

さらに詳しい内容や無料ダウンロードはこらち

PFGBEST社社長兼COOのRuss Wasendorf氏は下記を述べた。
「実績のあるテクノロジーとインターバンクリクイディティーへのアクセスを兼ね備えた国際的レベルのオプションプラットフォーム構築した事で、当社のお客様は、世界最大のマーケット「FX」における取引ポートフォリオやリスク管理戦略を拡大する事が可能となります。
この新たな取り組みは、卓越したサービス・テクノロジー・商品をお客様に提供する大手グローバルブローカーになるという当社の継続的目標に沿っています。」

PFGBEST社のこのFXオプションプラットフォームは、FX Bridge社から提供される予定で、インターバンクのライブレートへのアクセス、スポットFXとFXオプションの同一口座内取引、数多くのFXオプション取引ストラテジーを選択・実行出来る豊富な最適化ツールを提供する。

FX Bridge社CEOのStephen Best氏は、下記コメントを述べた。
「米国の大手非清算FCMであるPFGBEST社と連携し、このような最高水準のFXオプション取引プラットフォームを提供出来大変嬉しく思っています。明らかに、今回の動きは“強固で持続可能な商品の提供”というPFGBEST社のコミットメントを強調しており、FXのリクイディティー集約における優秀さはさらに評価される事でしょう。」

ドッド・フランク法がレバレッジを規制して以来、トレーダーは通貨オプション 代替投資商品として通貨オプションが人気を集めている。

フォレックス・マグネイトチームは、FXオプションについて第2四半期レポートで詳細を取り上げる予定である。

この記事の原文はこちら(Original article by Adil Siddiqui at forexmagnates.com)

フォレックス・マグネイト最新の四半期リテールFX市場調査報告書日本語版のご購入はこちら





コメントはまだありません.