SpotOption社、「Pair Trading」と「End of Year」2つの新オプションをリリース

by Forex Magnates at 4 May, 2012 カテゴリ: 世界FX取引業者動向

SpotOption社は革新し続け、今回新たに「Pair Trading」と「Year End Options」の2商品をリリースした。
Pair Tradingの方がより興味深いもので、アセットのペアでバイナリー取引が可能となる。つまり、どちらのアセットが他方のアセットより強いかを予測するのである。Microsoft社対Google社、Citi社対Barclays社などに賭けるのは面白い。

キプロスで今後制定されるバイナリーオプション規制で、これらのバイナリーソフトウェアプロバイダーがどの方向性にいくのか非常に興味深い。

SpotOption社、2つの新商品で首位を貫く

大手バイナリーオプションプラットフォームプロバイダーであるSpotOption Ltd.は、「End of Year」と「Pairs」の2つの新しいオプションをホワイトラベルに提供を開始した。

SpotOption社は、「End of Year」と「Pairs」を同社のポートフォリオに追加したことを発表した。SpotOption社は、新機能をコンスタントに追加し、最先端かつ最も成功を収めているバイナリーオプションプラットフォームを構築している事で知られている。

End of Yearオプションでは、トレーダーは各月末もしくは2012年の12月末までオプションを保有する事ができる。また、トレーダーは各暦月内に、2週間もしくはその他一定期間のポジションを建てる事も可能である。
従ってSpotOptionのホワイトラベルパートナーはオプションの満期日まで60秒から6ヶ月までと最長期間を設ける事が出来、あらゆるタイプのトレーダーに市場を開放し、それぞれのトレーダーのニーズに柔軟に対応出来るようになる。

もう一つの「Pairs」オプションは、同種のエクイティから2つのアセット間の相対比率を予測するものである。通常のバイナリーオプションでは、トレーダーは例えば金の価格が満期日までにどちらに動くかを予測するが、このPairsでは一方のアセットがもう一方のアセットと比べどの位弱いか/強いかを予測するものである。トレーダーは、例えばBNPパリバ社とBarclays社、Apple社とGoogle社というような金融商品で相対的強弱度戦略での取引が可能となる。この取引はより独特で、絶対強度ではなく、相対的強弱に基づく取引を可能にする。

SpotOption社CEOのPini Peter氏は、「業界トレンドの最先端にいつづける事が、私たちのホワイトラベルパートナー様に対する責任だと思っています。当社の開発者達は業界のリーダーとしての評判に応えられるように24時間働いています。」述べた。

この記事の原文はこちら(Original article by Michael Greenberg at forexmagnates.com)

フォレックス・マグネイト最新の四半期リテールFX市場調査報告書日本語版のご購入はこちら





コメントはまだありません.