FXヘッジファンドC-Viewが増資

by Forex Magnates at 20 April, 2012 カテゴリ: その他

UKベースの通貨ヘッジファンドC-ViewはMCAMグループと連携し、FXマネージド口座プログラムの為に増資を行った。このマネーマネージャーは、Currency Managed Account Program(CMAP)とC-View Emerging, Developing and Minor Currency Programを国際的に展開していく意向である。

設立以来、主力サービスであるC-View Currency Managed Account Programストラテジーは、バークレイズの通貨指数が127中112と高いパフォーマンスを上げてきた。2012年3月時点で、年率のARORは11.24%であった。

2011年第4四半期、C-ViewとそのCurrency Managed Account Programは、モルガン・スタンレー社の新しい通貨マネージド口座プラットフォーム『FX Gateway』初のマネージャー2人の内の一人に選ばれた。
また、CMAPは、ドイツ銀行のFX Select platformの認定投資家にも利用可能である。

主流FXヘッジファンドのリターンを算出する業界のベンチマークであるパーカーFX指標は、2012年2月のリターンが0.19%上昇した事を発表した。

この報告によると、2月の実行構成プログラムトップ3のリターンは、それぞれ+8.99%、+6.08%、+4.29%で、リスク調整後ベースだとトップ3パフォーマーのリターンは、+3.40%、+2.84%、+2.09%であった。

リーマン・ブラザーズ社破綻以来、ヘッジファンドはデリバティブにおける数多くのリスクを見直し、早急に見直さなければならない課題の一つに単一プライムブローカーの使用があった。その結果、FXプライムブローカー業務を提供する企業が増加した。

フォレックス・マグネイトは次期2012年第1四半期調査報告書にて、成長するプライム・オブ・プライムブローカーについて詳細を取り上げる。

この記事の原文はこちら
Original article by Adil Siddiqui at forexmagnates.com

フォレックス・マグネイト最新の四半期リテールFX市場調査報告書日本語版のご購入はこちら





コメントはまだありません.