スイスMIG銀行、香港進出

by Forex Magnates at 16 April, 2012 カテゴリ: 世界FX取引業者動向

中国がFXに徐々に道を開いてきている為、さらに多くのFXブローカーがこの大国に注目している。中国におけるFXの将来性は非常に高く、詐欺や不正といった問題とは程遠い。
リテールFXが完全に中国国内で許可されるまで、多くのブローカーは香港を便利なゲートウェイとして利用し、巨大な中国市場や極東市場へアクセスしている。そして最近、MIG社が中国進出を果たした。

オンライン取引サービスを個人・法人顧客に提供するスイス大手銀行であるMIG銀行は、香港支店設立を発表した。香港支店設立は、MIG銀行とアジアのビジネスパートナーや顧客をさらに近づけ、同行の戦略的に重要地域での拡大計画の第一歩となった。

香港支店は現地規制に従って、香港でのバンキングサービス展開や同行と現地顧客の連絡窓口として機能する事が可能となる。

当支店開設について、MIG銀行CEOのHisham Mansour氏は、「私達は、アジアに支店を開く事が出来大変嬉しく思っています。現地の言語やタイムゾーンで、アジアのお客様やビジネスパートナー様とのコミュニケーションをさらに円滑に行う事が出来るでしょう。また、スイスにあるアジア口座管理チームのサポートも実現出来ます。私達は地理的拡大計画の喜ばしい第一歩を踏み出しました。」と述べた。

この記事の原文はこちら
Original article by Michael Greenberg at forexmagnates.com

フォレックス・マグネイト最新の四半期リテールFX市場調査報告書日本語版のご購入はこちら





コメントはまだありません.