メタトレーダー5が新たにドバイDGCXの認可受理

by Forex Magnates at 12 April, 2012 カテゴリ: 取引システム

急成長するドバイの商品取引所、DGCXは、メタトレーダー5を認可した4番目の取引所となった。これまで、シンガポール証券取引所(SMX)、モーリシャス取引所(GBOT)、ロシア証券取引所(RTS)がメタクオーツ社のプラットフォームを認可してきた。
これにより、ブローカーはメタトレーダー5のプラットフォームを介した上記取引所へのアクセス提供が可能となった。

アルパリ社は今月初めメタトレーダー5を提供開始し、大手ブローカー内ではメタトレーダー5提供の一番手となった。また、メタクオーツ社は、先日CitiFX Pro、Currenex 、HotSpot等との完全統合を果たした。

メタトレーダー5、DGCXの独立ソフトウェアに認定

2012年4月12日 ドバイ:ドバイ金・国際商品取引所(DGCX)は、世界の金融市場で最も広く使われているプラットフォームの一つであるメタトレーダー5を、同取引所の独立ソフトウェアー(IS)として認定した事を発表した。

メタトレーダー5がISとなり、DGCXメンバーは取引クライアントにサービスを提供する特別なゲートウェーを通じて、このプラットフォームを利用することが可能となる。今年、メタトレーダー5を導入した国際取引所はDGCXを入れて3か所となった。

DGCXのAhmed Bin Sulayem会長は「メタトレーダー5プラットフォームは、DGCXで利用できる専門的テクノロジーに新しく、重要な付加価値をもたらすでしょう。メタトレーダー5と我々のパートナーシップは、DGCXのメンバーに世界の主要トレーディング技術ソリューションへのアクセスを提供するという公約を反映したものです。」と述べた。

また、メタクオーツ社のCOO、Gaies Chreis氏は下記を述べた。
「私達は、DGCXの全ての要求を満たす高品質なトレーディングプラットフォームの構築に成功しました。今後もDGCXメンバーに対して当社のプラットフォームにおいてさらに多くのチャンスを提供できるよう努力を重ねていきます。メタトレーダー5には幅広いテクニカル分析や強力なトレーディング機能のツールが搭載され、DGCXメンバーのニーズを強力にサポートします。」

メタトレーダー5は、金融市場における効率的な取引をサポートする広範なソリューションを提供している。主な特徴として、強力かつ柔軟なバックオフィス、高度なトレーディングシステムを備えた最新のフロントエンド、テクニカルおよびファンダメンタル分析、モバイル取引などの機能が挙げられる。
メタトレーダー5は、価格ダイナミクスの分析や自動売買プログラムを実行するのに必要なツールを提供し、トレーダーはFX市場だけではなく、オプション、先物、株式の各市場でも取引が可能となる。

この記事の原文はこちら
Original article by Michael Greenberg at forexmagnates.com

フォレックス・マグネイト最新の四半期リテールFX市場調査報告書日本語版のご購入はこちら

 





コメントはまだありません.