景気後退の中、魅力を増すサウジで第2回マネーエキスポ2012開催

by Forex Magnates at 10 April, 2012 カテゴリ: その他

世界最大の石油輸出国で2012年5月2日、3日に、待望の第2回サウジ・マネーエキスポがインターコンチネンタルホテルで開催される。

サウジアラビアはGCC(湾岸協力会議)諸国最大の経済国であり、7%以上の目覚ましい成長を遂げている。同国は、2008年に140ドルという史上最高値を付けた原油価格に支えられ、世界的景気後退を乗り越えてきた。

リヤドで開催された第1回サウジ・マネーエキスポ2011が大成功を収め、リヤドに次ぐ大都市であるジッダは日次取引高10兆サウディリヤル以上と言われる通貨取引市場拡大を狙い、Dr. Saif Al- Islam Bin Saud Bin Abdul Aziz王子後援の下、今回で2回目となる通貨・石油・金市場の教育フォーラムを5月2日と3日に開催する。

Dr. Saif Al- Islam Bin Saud Bin Abdul Aziz王子

Stayconnected社が経済コンサルタント会社のAl-Alwsat社と共同で開催するこのフォーラムには、15ヶ国以上のヨーロッパやアメリカの国々のグローバル金融機関や経済学者をはじめ、湾岸地域の大手企業らも参加する予定である。

本フォーラムの目的に​​ついて、Stayconnected社のシニア金融アナリストであるKhalid Kabbara氏が下記のコメントを述べた。
「このフォーラムでサウジアラビアの投資家達は、世界の主要アナリストによって提供される主要通貨、コモディティの展望に関する講演に参加する事ができます。さらに投資家は、大手外資系企業から直接専門知識や経験を吸収したり、最新のトレーディングテクノロジーに触れたり、協力方法を話合う事もできるでしょう。
我々は、サウジアラビアの投資家が金、銀、石油のような取引量の多いコモディティと同様に、ユーロ、米ドル、日本円の今後についても議論する世界のトップアナリスト達と直接会える最初の土台となるこのイベントの開催を大変心待ちにしています。」

Kabbara氏は、15以上の世界的なブローカーの新たな統計調査から、サウジアラビアがアラブトレーダーの投資額で第一位となり、通貨、石油、金市場におけるアラブ投資家の40%以上はサウジアラビア人である事を強調した。

また、彼は「大成功に収めたリヤドの第1回サウジ・マネーエキスポ会議2011に続き、今年はジッダで開催します。15カ国以上からトップアナリスト達が集結し、様々な経済的課題や地域的混乱がある世界市場について再び議論が行われます。」 と説明した。

フォーラム開催期間中、グローバル金融機関の専門家や英国企業『アルパリ UK社』のエコノミストらが、金融市場の指標を読み取る方法を解き明かす。さらに出席者や参加者には、日々の市場変動についての投資家向け無料教育コースも用意されている。

このイベントのオフィシャルスポンサーは「アルパリ UK社」と「FXソリューション社」、メインスポンサーは「FXDD社」、ダイヤモンドスポンサーは「Amana Capital社」と「Swissquote Bank」、プラチナスポンサーは 「Forex.com社」、 ゴールドスポンサーは「Vibhs Financials社」、シルバースポンサーは「Heneyep Capital Markets社」である。英国新規参入の「Tradenext Limited社」も本イベントに参加する予定である。

開場は2012年5月2日午後1時で、投資家は無料で参加できる。

サウジアラビアの金融市場は株式、ETF(上場投資信託)、スクーク債に制限されている。株式市場はリテールトレーダーが約80%を占め、運用資産が200億ドル以上に上る140前後のミューチュアル・ファンドが存在する。一方、機関投資家による地元の証券取引所での取引は活発ではない。

リテールトレーダーの高い参加率により、証券取引所は投機しがちになり、2005年/2006年の株式市場(クラッシュ)バブルを招いた。株式市場指数TASI(Tadawul All-Share Index)は2006年初めに、最高値である20,634に達した。TASIは、大手石油会社のAramco社とSABIC社を含むサウジアラビアの大手企業144社を示している。

TASIは、現在、7,875.42で取引されている。

外国人投資家は、制限されたサウジアラビア市場参入に意欲的で、日本の野村ホールディングスは、海外のFII(外国人機関投資家)との橋渡し役として資本市場庁(サウジアラビアの金融規制当局)により証券業の認可を付与されている。

第1回サウジ・エキスポの大成功により、サウジアラビアの投資家は不安定な市場を享受し、FXとCFD取引が益々人気を集めている。

フォレックス・マグネイトチームは2011年第3四半期リテールFX市場調査報告書の中で、中東のFX事情に関する詳細について取り上げている。

この記事の原文はこちら
Original article by Adil Siddiqui at forexmagnates.com

フォレックス・マグネイト最新の四半期リテールFX市場調査報告書日本語版のご購入はこちら





コメントはまだありません.